FC2ブログ

記事一覧

さすらいの準備 - ブレーキメンテナンス


少し遠くまで足を伸ばしたい時や、

新しいルートの探索には、

頼りになる相棒 「ツーリングトリッカー」の出番。


パフォーマンスダンパー装備で、俄然調子が良い。

過去記事:さすらいの準備 - パフォーマンスダンパー

出番が多くなり、ふと気がつくと 「リヤタイヤが減ったね~♪」

DSCF9398.jpg


もう少しは大丈夫かな~、でも、ここが美味しいところ~♪

なんて、眺めていたら。

!?

リヤのブレーキパッド?

DSCF9401.jpg


ん~?

あれ? 減っている。

いつも、フロントのパッドばかりチェックして、

「まだまだ大丈夫」と思っていたが、

リヤがこんなに減っているとは、ちょっとびっくり。

何度見直しても、ピストンがこんなに出ているので、やっぱりね。

DSCF9402.jpg


前回、オーバーホールしたのが、2年前(2018年)だったので、

過去記事:さすらいの準備 - リヤブレーキ(ジグラムローター)

そろそろ、ブレーキフルードの交換をしなければと思ってはいたけど。

DSCF9399.jpg


予想外に、リヤのブレーキパッドが減っていたということは、

下り、攻めすぎ(笑)

DSCF9400.jpg


たぶん残り 1mmちょっと有りそうなので、今シーズン辛抱するか?

※サービスマニュアルでは、使用限界 0.8mm となってます


・・・ いや、ブレーキは大事なので。

ブレーキフルードの交換と一緒にやっちゃいますか。

と言うわけで、準備。


前回と同じで、

ブレーキフルードは、ACTIVE(アクティブオリジナル)、色付きのブレーキフルード

アクティブ商品紹介より引用 ---
リザーバタンクの外からでも残量やフルード液の変色がわかりやすくなっています。お徳用の500ml缶と、スポイトの要領で注入・微調整がしやすい細口ボトルの210mlをラインナップ。 安心の日本製です。

■規格:BF4
■成分:ポリグリコールエーテル96%、防錆剤4%
■沸点:230℃以上
■ウェット沸点:155℃以上
■動粘度(cst):-40℃ 1500以下/100℃ 1.5以上  ---


前後交換にちょうどイイ容量で、とんがり先っちょで注ぎやすい。

なんといっても 「安心の日本製」 がポイント (^^)

グリーンしかないと思っていたら、レッドとブルーもあったんだね。

ブルーにしようと思ったら、欠品中! で、またしても、グリーン。

DSCF9404.jpg


パッドは、“効きかた”にこだわり のデイトナの赤パッド

デイトナ商品紹介より引用 ---
赤パッドは“効きかた”にこだわり、その時代、時代に合わせて進化し続けます。
効きを求めるなら、シンタードメタル系のゴールデンパッドの方が優れています。しかし、ライダーが本当に求めているのは「減速するフィーリング」ではないでしょうか。 必要なときにライダーの感覚に直結したストッピングフィーリングを手にすることができる。また、温度依存性が低い特性なので、天気や気温に左右されにくく、安定した効き味を長期間持続するのです。 それが「乗り手と対話するブレーキパッド」、進化し続ける赤パッドなのです。 ---


ジグラムローターとの相性は抜群で、

初動の「ガツン」さはなく、ぎゅ~っと最初から最後まで、

安定したブレーキフィーリングで、峠(下り)が楽しくなる。

DSCF9405.jpg


フロントは、今回交換しないけど、

ついでに買っといた。

DSCF9406.jpg


シャフトを抜いて。

DSCF9407.jpg


タイヤを外して、

ついでに、デロデロだった、チェーンを洗浄&チェーンルブを塗布。

DSCF9408.jpg


普段見られない、恥ずかしい所もチェック(意味不明)

DSCF9411.jpg


古いパッド(上)と、新しいパッド(下)、ん~減ったね。

DSCF9416.jpg


ピストンを揉み出しして、キレイにして。

DSCF9419.jpg


グリースぬりぬり。

DSCF9418.jpg


組み付けして、ブレーキフルードの入れ替え。

DSCF9420.jpg



続いて、フロント。

こちらも、前回(2018年)に、オーバーホールしていた。

過去記事:さすらいの準備 - フロントブレーキ

DSCF9421.jpg


パッドはまだ大丈夫。

DSCF9422.jpg


汚れがひどいので、

DSCF9423.jpg


分解して、

DSCF9427.jpg


キレイにする。

DSCF9428.jpg


ブレーキダストで、結構汚れている。

DSCF9429.jpg


磨き上げて。

DSCF9431.jpg


ピストンをモミだしして、クリーニング。

動きは、スムーズなのでパッキンの状態は問題ないようだ。

DSCF9430.jpg


※サービスマニュアルでは、

 ブレーキフルードの交換は、2年ごと
 ピストンシールの交換は、4年ごと
 ブレーキホースの交換は、4年ごと


え~、ブレーキホースの交換もするのか!?

新しい、課題が増えたな (^_^;)
 

取り付け。

トルク管理は、しっかりと、31Nm かっちん!

DSCF9424.jpg


31Nm かっちん!

DSCF9425.jpg


40Nm かっちん!

DSCF9426.jpg


そして、ブレーキフルードの入れ替え。


今回も ・・・

ブレーキレバーを握って ~ 

バルブを開けてフルード排出 ~

バルブを閉めて ~

ブレーキレバーを緩めて ~

を繰り返しているウチに、

「ブレーキエア抜きツール」みたいなのがあれば速いんだろうなぁ、

と思いながら、毎回、この手法で、

毎回、思うだけ。



終了~♪ 

さぁ、ツーリングトリッカーで、どこに行こう!



そうそう、リヤタイヤを手配しとかなくちゃ!




Twitter_K2_カエル君s

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation