FC2ブログ

記事一覧

ジョブスに叱られる! iMac G3  ・・・ 1/6

 
ディスプレイ一体型で、トランスルーセント(半透明)の筐体。

しかも、カラフルなキャンディーカラーをまとった、

iMac の誕生は、衝撃的だった。

トランスルーセントのデザインは、コンピュータ業界のみならず、

様々な工業製品のデザインに、影響を与えた。

そしてなにより当時、経営危機が囁かれていた Apple の復活とともに、

スティーブ・ジョブズが Apple に戻ったことを、世界に強く印象づけた。

iMac G3


いま、PCのスピードは、どんどん速く、そして膨大なデータを扱えるようになり、

軽く・薄くなってきたけど、こんなに、心ときめいたPCが有っただろうか。

性能は二の次、インテリア的に置いておくだけで、ニヤニヤだったりして ・・・。


でも、いつしか、使うことも無くなって、お蔵入り。

久々に見つけて、電源を入れてみたら、画面が一瞬映って消えて、

ブラウン管から、パチパチ変な音がする。

IMG_6075.jpg


残念だけど、いい加減、廃棄かな。


眺めているうちに、かわいい筐体が愛おしくなって、


・・・ !!!


ジョブスの言った言葉を思い出した、

「一番大切なのは、心の声や直感に従う勇気を持つこと。」
原文「And most important, have the courage to follow your heart and intuition.」


リアのカバーを外して、

DSCF8780.jpg


ケーブルを取り外す。

DSCF8782.jpg


メインボードのケースのネジを取ると、

DSCF8781.jpg


メインボードがケースごと、引き出せる。

DSCF8783.jpg


この時代、CRT一体型のPCがちらほら出てたけど、中はぐちゃぐちゃだった。

こうしてみると、ここまで洗練された設計はなかったと思う。

この「デザイン&設計」が、さすが Apple だなと感心する。


ごっそり。

上には、ブラウン管(CRT)と、電源ユニットのみ。

DSCF8784.jpg


筐体のツメを折らないように外してゆく。

DSCF8789.jpg


古く劣化してるから、慎重に。

DSCF8790.jpg


フロント周りが外れた。

DSCF8791.jpg


リヤ周りも外すと、ブラウン管がでた。

DSCF8794.jpg


電源ユニットと、ブラウン管も外して。

DSCF8796.jpg


トランスルーセントのポリガーボネイトの外殻だけ使って、

オブジェでもつくろーかな ・・・。

いや、ここはやっぱり ・・・ だよな~。


「心の声や直感に従う勇気を持つこと」 ・・・ 心に囁く声がする。


なぜか、モノはあるので、

液晶パネルのドナー、

DSCF8797.jpg


摘出!

DSCF8798.jpg


装着!

DSCF8799.jpg


液晶パネル化。

DSCF8807.jpg



作業しているウチに、頭の中に完成形が浮かんでしまった ・・・

「直感に従う勇気を持つこと」 ・・・ 心に囁く声がする。

いやいや、

「なんてことを!」

と、ジョブスに叱られるかも。



でも、ジョブスはこうも言ってた、

「あなたはすでに、自由の身だ。 心に従わない理由はない。」
原文「You are already naked. There is no reason not to follow your heart.」



心のままに ・・・

DSCF8805.jpg


ワイヤーを、ゴニョニョ。

DSCF8809.jpg


Power SW と、LEDランプ、スピーカーは、

iMac のを使用する。

DSCF8811.jpg


なんか、うまく収まった。

DSCF8812.jpg


心のままに ・・・

DSCF8802.jpg








Twitter_K2_カエル君s
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation