FC2ブログ

記事一覧

さすらいの準備 - パフォーマンスダンパー

 
一旦終息しちゃった、トリッカーだけど、

「第3次排出ガス規制」に対応したモデルになって復活 ・・・ がんばれ~YAMAHA。

でも、ABS問題なんかで、セローと一緒に、コレでほんとに最後になるんだろうな~。


セローは、SEROW FINAL EDITION が販売中。

セローは、これで本当にファイナルなんだけど、ABS装備で、いつか復活するらしい噂も。


さて、目新しいオプションパーツも、販売されなくなったトリッカーだけど、

人気のセロー用に販売された、「パフォーマンスダンパー」が、

トリッカーと共通らしい。


なんか気になる「パフォーマンスダンパー」

ヤマハ製品サイト
https://www.yamaha-motor.co.jp/pd/


旧V-MAXに、取り付けていた、サブフレームみたいなモンかな?

IMG_5187.jpg


旧V-MAXのサブフレームは、結局、たいした効果は無くて、

ステアリングダンパーまで、付けたけど、

やっぱり、車体がゆらゆらしていた。

結局、解決したのが、フロントフォークをオーリンズに換えたら ・・・ だった。

IMG_5172.jpg

揺れと言うのは、フレームの強度を上げれば良いってもんじゃなかったわけで、

この、「パフォーマンスダンパー」は、

フレーム(車体)の補強では無く、ゆがみによる「揺れを」抑制するらしい。

なんと、2輪だけでは無く、

4輪の「LEXUS NX(F SPORT)」など、10車種にも採用されているらしい。


これが気になったのは、前のシーズンにトリッカーで遠出したとき、

やっぱり、車体が小さいので、安定感が無い。

まぁ、軽快って言えば、軽快なんだけど、

ワインディングを、ハイペースで走っていると疲れる。


Vストローム650 で走っていた感じの、とてつもない安定感。

それと、トリッカーを比べてもと思うが、フラフラすることで疲労も増える。


YAMAHAも、こういう商品を、わざわざ小排気量のセロー(トリッカー)用に、

出したって事は、効果に自信があるって事?

プラシーボ効果で、トホホだったりして。


新しいシーズンの旅に向けて、

DSCF8392.jpg


数個のパーツに分かれている。

DSCF8394.jpg


ダンパー本体は、結構デリケートな感じ。

「さわるな! 危険!」 的な。

DSCF8395.jpg


ダンパー本体

DSCF8396.jpg


やさしく、プニプニ ・・・ やっぱ、触りたいよね~(^_^;)

DSCF8397.jpg


ステー・フロント ・・・ 変な形?

DSCF8399.jpg


ステー・リア

DSCF8400_20200322092921de5.jpg


ボルト・ナット類

DSCF8401.jpg


車体左側の、ダウンチューブの接続ボルトの所に付けるらしい。

DSCF8412.jpg


ボルトを付属の物と交換して、ステー・フロントを取り付ける。

ロックタイトを塗布。

DSCF8415.jpg


変な形のステー。

DSCF8418.jpg


トルクレンチで、指定のトルクで締め込む。


DSCF8422.jpg


ステー・リアは、レギュレータの所に。

トルクレンチで、指定のトルクで締め込む。

DSCF8421.jpg


ステー取り付け完了。

DSCF8423.jpg


と思ったら、やっちまった (^_^;)

ボルトが差し込めない。

DSCF8428.jpg


ちょっと緩めて、ダンパー本体を借り止めして。

DSCF8429.jpg


ダンパー本体も、トルクレンチで締め込んで完了。

DSCF8431.jpg


さてさて、どうかな。


取り付け前に走って、ノーマル状態を確認していた同じコースを走ってみる。

※クローズドコースです

わくわく・ルンルン ・・・ すでにプラシーボ効果UP!

落ち着け!俺。


走り始めて直ぐに感じたのは、ん!? ハンドルが重くなった?


心を落ち着けて、変化を確認する。

ゆる~くカーブした道で、ギャップにのった後、

ゆらゆら、3回くらい揺れが続いていたのが、1回くらいになった。

いやいや~、気のせいかも~?


気がつくと、以前よりも 10~15 km/h ほど速度が上がっている。

巡航スピードが、確実に上がっている。 ※最高速ではありません

ふわふわ感が無くなった。


ライダーの会話は、「ビュ~ン」とか、「ガバ~」とか、

基本、オノマトペなので、一般人にはまったくわからないよね。



走りながら、この変化を、確実に表現する方法を考えると、

やっぱり最初に感じた、「ハンドルが重くなった」ことだ。

重く感じたのは、車体の揺れが無くなったことで、

フロントタイヤの回転によるジャイロ効果が、より強く感じられるようになったようだ。

つまるところ、「直進安定性(感)がアップした」と言うのが的確かもしれない。


あ~コレすごいかも! 

今シーズンの遠出が楽しみになってきた。


旧V-MAXにもあったら、変わってたかもねしれない。

いまさら、だけどね。






Twitter_K2_カエル君s

 
~追記

後日、高速道路を走ってみた、インプレッション。

他のトリッカーのオーナーさんも感じているのかな?

80km/h(メーター読みで)付近で巡航していると、

ゆっくりした周期で、ゆ~ら、ゆ~ら、

ハンドルポストが回るような、揺れが発生する。

いつもは、アクセルを煽ったり、減速して収めていたんだけど、

これが、全くなくなった!

片手運転も怖くない! (しないけど)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation