FC2ブログ

記事一覧

タイカブ -35 - トリップメーター

 
慣らしも順調に進み、

走る距離を延ばして行くと、気になるのが、 ・・・ 燃料タンク。

タイカブの燃料タンクは、3.4 L しかない。

IMG_2286.jpg


なんで、こんなに小っちゃいのかな~(-_-;)

カブの燃料タンクは、ずっと 4.0 L だったのに、ここに来て、まさかの 3.4 L。

「カブシリーズの最上級モデル(過去の栄光)」として、なぜにタンクの容量を捨てた?

正味 3 L が使えるとして、燃費が 40 ~ 50 km/L とすると、

航続距離が、120 ~ 150 km しか期待できない。


まぁ、しょうがないんだけど、走っていると燃料計の針の動きが気になってしょうがない。

燃料計の針が、残りひとメモリになると、 「あと何キロ走られるかな~」と気になる。

旧V-MAX も燃料タンクが小さくて、

ツーリングに行くと、みんなと給油のタイミングが合わなくてイヤだったのを思いだしたよ。



とりあえず、やっぱり、正確な燃費計測と、

精神衛生向上のために、トリップメーターが欲しくなる。


初号機みたいに、デジタルメーターにしようかな~。

IMG_2132.jpg
※初号機のメーターまわり


でも、タイカブ標準のメーターは、100km/h スケールまであって十分だし、

燃料計や、ギヤインジケーターなどもあって不満はない。

それと、ハンドル周りが狭くて、取付スペースが無いんだよな~。

DSCF5162.jpg



よ~く考えると、欲しいのは、トリップメーターだけ。

簡単に、トリップ機能だけのモノはと、探していると、

カブ先輩達の、記事に 「サイクルコンピューター?」と言うのがよ~く出てくるんだけど・・・。

「なんか、自転車用なんだけど、どうなのよ?」

スポークに付けた磁石が回転するのを、センサーで感知してスピードや距離を割り出すらしい。

「大丈夫かな~、おもちゃなんじゃない?」


電池駆動で、フロントハブからのメーターワイヤーへ接続の必要もないので、

取付簡単で、だめだったら、「とほほでさいなら」 覚悟で。

CC-VL820 http://www.cateye.com/jp/products/detail/CC-VL820/

DSCF5223.jpg


説明書を見てみると、

おっ! 速度も出るんだ! (そうだよね)

おおっ! 時計機能もある! (忘れてたけど、時計も欲しいよね)

カロリー、CO2 って、なんだ?

DSCF5224.jpg


スポークに取り付けて、回転する磁石。

DSCF5225.jpg


磁気を感知して、パルスを本体に送るセンサー。

DSCF5226.jpg


磁石は、自転車の細いスポークに取り付ける用なので、

バイクの太いスポークには、取り付けできない。

ホイールはチューブレスにしちゃったので、穴を開けるわけにはいかないし、

どこか、取り付けできる場所ないかな~と、眺めていたら。


ハブに、「○」 ・・・ 「ここにどうぞ」ですか!?


DSCF5227.jpg


ぐりぐり~ (ぐりぐり好きなので)

DSCF5228.jpg


タップを切って。

DSCF5229.jpg


念のため、エポキシ系の接着剤で。

DSCF5231.jpg


ぬりぬり~。

DSCF5232.jpg


磁石を固定。

DSCF5230.jpg


センサーは、メーターワイヤーにタイラップで固定。

先端の「|」の印付近を磁石が通るように。

DSCF5233.jpg


メーターの隣に取付。

DSCF5234.jpg


取付ブラケットにセンサーケーブルが繋がっていて、

オートバイには、ちょっと短いので、途中で切り足して延長。

設定時や、電池交換の時に、トリップメーター本体は、ブラケットから取り外しできるようになっていて、

裏側の設定ボタンを押して、初期設定。

実測したタイヤの外径(178cm)を入力して、設定完了。

DSCF5266.jpg


「DST」 : トリップメーターは、ボタン長押しで、0クリアできる。

DSCF5265.jpg


「ODO」 : オドメーターは、セットアップモードで、0クリア出来るので、

2つめの、トリップとして、オイル交換のリメンダーに使える。

DSCF5264.jpg


デジタルスピードメーターとしても使えて、

最高速度の記録もできるので、なんかたのしそう。

DSCF5235.jpg


シンプルで使いやすい、さすが、カブ先輩達のオススメ。

価格も、驚きの 2,100円+税


しばらく使ってみると、もう、手放せないアイテムになりました。





~ しばらく使ってみてのインプレッション! ~

まず、便利の一言。

使っているのは、「時計」と「トリップ」と「MAXスピード」だけだけど、問題なし。

ただ、タイヤの外径が少し変更になっているはずなので、

ノーマルメーターと、サイクルCPのトリップの誤差が有るはずなんだな。

それから、センサーの「パルスの取りこぼし」なんかは無いのかな~と、少々不安がある。


オイル交換するときに、それぞれのODOを確認してみる。

IMG_5328.jpg


サイクルCPのODOは、746km

ノーマルメーターのODOは、今回11,366kmで、前回10,656kmだったので、710km

サイクルCPには、正確なタイヤ外径を入力しているので、

ノーマルメーターより、36kmほど多い数値。 (+5% ぐらいかな)


減ってはないので、センサーの、パルス取りこぼしの心配は無いようだ。


つかえるね!

サイクルコンピュ-ター!








ゆっくり、のんびり ・・・

Twitter_K2_カエル君s
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation