FC2ブログ

記事一覧

タイカブ -34 - 発進!!

 
とりあえず無事に、エンジン始動して、準備完了。

走ってみたくて、ウズウズ、ワクワク。


1速で、そろり、走り出してみる。

早めに、2速へシフトアップ。

なかなか、力強いかんじ。

2速から、3速、

3速から、4速へ、早めにシフトアップして、


速度は、30km/h ぐらいで、とろとろ~。

前の減速比の計算では、3,000 rpm = 35.6 km/h だったので、

おおよそ 3,000 rpm 以下で慣らし運転。


ただ、にやにや、だら~っと走っていたので、しばらく写真はありません。 スマソ(^_^;)



トルクフルで、ギクシャク感も無い。

とろとろスピードで、しばらく走ってみて不思議に思ったんだけど、

とりあえず無調整の、YOSHIMURA YD-MJNΦ28 キャブレター。

IMG_2298.jpg


アクセル開度 0 ~ 1/4 までだけど、ぎくしゃく感もまったくなく、超スムーズ。

しかも、トップギア(4速)の超低回転から、力強く加速する。


なんだ、この出来過ぎた感じは!?


セッティングが楽だと言われている、PC20でさえ、

ここまでのスムーズさは無いよな。 (・∀・)ニヤニヤ


とろとろスピードの、慣らし運転は、

たいていキャブのセッティングも未だなので、

ぎくしゃくして苦痛なんだけど、めちゃめちゃ快適。

これは、MJN (Multiple Jet Nozzle) の恩恵なんだろうか ・・・ ぶつぶつ (´д`)




停止から、アクセルを開けたときは、

すこ~し、遠心クラッチが、繋がり始めるタイムラグを感じるが、

シフトチェンジの時は、逆にダイレクトさを感じるクラッチ。

やはり、2次クラッチが有るので、

通常のカブの遠心クラッチとは、ちょっとタイミングが違うみたい。

クラッチに関しては、もう少し考察が必要だな~、興味津々。

IMG_5063.jpg
※調整しながらなので、レッグシールド類ははずしてます。


各部のチェックをしながら、50 km ほど、とろとろ(・∀・)ニヤニヤ走行。

帰って、1回目のオイル交換。

MOTUL 7100 4T 10W60 0.75L


思ったほど、オイルの汚れは少ないし、

ドレンボルトに埋め込まれた、マグネットにも鉄粉は少ない。


SP武川  Sステージ SCUT は、初期馴染みが良いように、

ピストンスカート部にモリブデンコートを施されているのと、

加工精度が良いのか、慣らし運転初期の、ピストンの重さ(抵抗)が、少ない感じがする。


なんか、快適すぎて拍子抜け?


徐々に、最高速をあげながら、慣らし距離を延ばして行く。

DSCF5127.jpg


500 km 走行で、オイル交換 MOTUL 7100 4T 10W60 0.75L

と、バルブクリアランスの調整 IN , EX 0.05


イイ感じになってきたね。







ゆっくり、のんびり ・・・ とろとろ(・∀・)ニヤニヤ

Twitter_K2_カエル君s
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation