FC2ブログ

記事一覧

タイカブ -28 - クラッチ~ジェネレーターの組み立て


オイルポンプの取り付け。

タイカブ(100EX)は、もともと容量の多いオイルポンプらしいけど、

今後の予定を考えて、もう少しUPしておく。

ローター厚 9.80 mm

タイカブ(100EX)のローターを厚、実測してみたら 8.80 mm だった。

1.00 mm プラスなんだけど、気分的に上々で。

DSCF4993.jpg


取り付けネジの頭を薄くして、厚さを稼いでいる。

(左)ノーマル  (右)スーパーオイルポンプ

DSCF4998.jpg


ぐりぐり棒付き。

DSCF4928.jpg


オルフィスの拡大はどうしようか迷ったけど、

トロコイドポンプの特性を考慮したのと、ぐりぐり好き(笑)なので拡大。

DSCF4931.jpg


うっすいペラペラのガスケット。 これも厚さを抑えるため(?)

DSCF4992.jpg



 
取り外しに難儀したクラッチも、構造がわかってしまえば愉しい作業。


クラッチ部の組み立て。

外した部品を見ていてわかったんだけど、

1次側クラッチのアウター中心部分が、ワンウェイクラッチ機構になっている。
 
DSCF5008.jpg


2次側クラッチのクラッチディスクとプレートも新しいのに交換。

「ちゃんと、オイルに漬けておきましたよ」

DSCF5011.jpg


カラーを入れ込んで。

なんか樹脂っぽいカラーや、爪付きのワッシャーで構成されているけど、どういう作用があるのか不明。

パーツリストを、いっくら見ても、ココのパーツが載ってない???

DSCF5012.jpg


外した時のように、1次側、2次側、オイルセパレータを、一気に取り付ける。

DSCF5015.jpg


プレシャープレートのベアリング交換。

DSCF5016.jpg


ロックナットを、レンチにはめ込んだようす。

レンチは、20サイズなんだけど、少し隙間があるような。

DSCF5017.jpg


プレシャープレートの穴に通らないのは、

もしかして、レンチサイズが、20 じゃなく 19 だったりして?

19 のロックナットレンチなんて、探してもなかったけど ・・・。

やっぱり、タイにはあるのかな~、買いにいこうかな ~ (^_^;)

DSCF5018.jpg


2次側クラッチのスプリングをちょっとだけバネレートの強いものにする。

ネットの情報で確認しておいた、NSR50のクラッチスプリング(左)

巻き数が1巻き多い。

DSCF5009.jpg


少しスリム。

DSCF5010.jpg


同じ手順で、プレッシャープレートのボルトを締めて。

DSCF5019.jpg


1次側の遠心クラッチを入れたら、ロックナットを締めて、

ロックワッシャーをカシメる。

DSCF5020.jpg


やけに分厚いガスケットも、新品に交換。

DSCF5022.jpg


クラッチリフターカムと、クラッチアームの取付。

取り外しの時に、クラッチのシャフトに、印を付けて置いたので、

そこに「○」印を合わせる。

DSCF5074.jpg


ちょうど、クラッチリフターカムの「X」部分に、アームが来ればOK!

DSCF5076.jpg


 
ジェネレーター側

DSCF4985.jpg


カムチェーンテンショナー・プッシュロッドの、ヘッド(ゴム)は新品に交換。

若干、凹んでた程度だけど、ついでなので。

DSCF4986.jpg


カムチェーンは定番ので、(86 L)

カムチェーンテンショナーローラーも交換。

DSCF4987.jpg


オイルセパレート・プレートの、おっきいOリングと、ちっちゃいOリングは新品に。

あとで、オイル漏れは(´・д・`)ヤダからね。

DSCF5029.jpg


スターターの、スプロケットと、チェーンを取り付ける。

クランクシャフト部分のオイルシールも交換。
※ここのオイルシールも以外に大事だったりします

DSCF5032.jpg


フライホイールを取り付ける。

DSCF5033-s.jpg




もうひと頑張り、

あとは、腰上だ~。






ゆっくり、のんびり ・・・

Twitter_K2_カエル君s
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation