FC2ブログ

記事一覧

タイカブ -8- フロントホイール


スポークを外して、リムと分離した、フロントのハブ。

DSCF3935.jpg


ベアリングの交換。

新しいベアリングには、固めのグリスが封入されているので、

DSCF3980.jpg


灯油入りのプラ容器で、シェイク!!

DSCF3981.jpg

キレイにして。

DSCF3983.jpg


特製グリスを入れ直す。

DSCF3984.jpg


ヒートガンで、あつあつ~!
 
DSCF3986.jpg


ブレーキ側も、あつあつ~!

DSCF3987.jpg


ちょっと渋いので、コンコン! 30のソケットがジャストサイズ。

DSCF3989.jpg


中のカラーが、すこ~し動く程度まで。

DSCF3990.jpg


アルミリム ・・・ 怪しげな文字(笑)

DSCF4069.jpg


ハイグレード ・・・

おまえのバイクの、ハンドリングが良くなる ・・・

なんちゃらかんちゃらと、良いことが盛りだくさん。

DSCF4070.jpg


タイといえば、「レーシングボーイ」 ・・・ 有名ならしい。

タイカブなので! コレにしたかった。

DSCF4071.jpg


あんまり期待してなかったけど、なかなかの仕上がり、普通にキレイ。

べんり~君(CD-125T)には、TAKEGAWA製を使用したけど、これで十分だな。

「微笑み(ほほえみ)の国」 maid in Thailand  価格半分だし。

DSCF4072.jpg


TAKEGAWA製で気になった、溶接部分のゆがみは、

見た目上々、もちろん表面にゆがみは、ほぼ見られない、

内側は、わずかに溶接跡がある。

同じレベル ・・・ むしろ、イイいかも。

DSCF4073.jpg


さて、大きな問題が、ニップル穴。

リム穴の大きさが 7mm だと言うことなんだけど。

測ってみたら、やはり 7mm。

DSCF4055.jpg


もともとの、純正標準スポークのニップルは、5mm。

コレだとユルユル~なので、太いニップルにしなければならない。

DSCF4050.jpg


だがしかし、スポークのサイズって、超~難かしい (;д;)


スポークと言っても、

ニップルの番手と、スポークの番手が有るらしく、

通常、純正部品のパーツ番号では、まったくわからない。



さらに、スポークの長さが係わるので、皆目見当が付かない。



純正標準スポークのニップルは、5mm だったので、#11 番手。

スポークの太さが、2.54mm 、 たぶん、2.6mm の、#12 番手?

11 番手じゃないの?



リムの穴が、7mm なので、#9 番手の 6.5mm がイイんじゃないかと思ったんだけど、


なかなか、これが ・・・ 無い _| ̄|○


DSCF4048.jpg


いろんなバイク(実車)のスポークを実測して、

やっとの思いで見つけたのが、#10 番手。

ニップルは、5.8mm 。

DSCF4053.jpg


スポークの太さが、3.2mm。

DSCF4052.jpg


ハブの穴に、ギリギリ入るが、

余裕が無くて、反対側にかわせない。

首の所も入っていかない。

DSCF4056.jpg


4.5mm のドリルでグリグリ~♪

DSCF4061.jpg


ようやく準備完了(大汗)

DSCF4062.jpg


あれ? どうするんだっけ?

こんな感じだったかな~?

DSCF4063.jpg


ああ~、外側は後で組んだ方がイイ~んだった(汗)

入れたり、外したりで ・・・ あやとりみたいで、愉しい。

DSCF4064.jpg


とりあえず、同じ分量だけ締め付けて、振れ取り台に。

おお~結構イイ~線、いってる感じだ。

メーカー規定の、2.0 mm は、楽々にクリアしている。

DSCF4067.jpg


なんか、べんり~君(CD-125T)の時よりも、ずいぶん楽だね。


DSCF4074.jpg


気になる、溶接部分のゆがみも、わずかで優秀。





「微笑み(ほほえみ)の国」のファンになりそう(笑)








Twitter_K2_カエル君s

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation