FC2ブログ

記事一覧

タイカブ -4- Fフォーク(後編)

 
オイルシールなどの部品の準備が出来たので、Fフォークの組み立て。

DSCF3617.jpg


大事なことを忘れていた。

「オイルの量(液面)」データが無い。


たぶん、ググれば、なんか情報が出てくるだろうと思っていたんだけど、

いくら探しても出てこない(汗)


なんとか、Fフォークのメンテをしている記事を見つけた。

100EX-HA05フロント周り整備カブ&ピース!

記事内にサービスデータのリンクを貼ってくれているようでラッキー!

と喜んでクリックしたら、まさかのリンク切れ(^_^;)


お手上げか~(^_^;)


悩んだあげく、サイト主の「neriさん」に聞いてみました。

 56cc    うへ~少ないね~。

貴重な情報を、快く教えて頂きまして感謝いたします。

カブ&ピース!さん

秋田県で、ホンダ横型エンジンを中心にミニバイクの整備、チューニングをしているショップのようです。

機会があれば、行ってみたいな~。



オイル量もわかったところで、組み立てる。

アウターや、インナーチューブの内部の汚れを綺麗にして。

DSCF3678.jpg


アウターにオイルシールを、古いオイルシールを重ねて打ち込む。

DSCF3681.jpg


シートパイプのピストンリングを交換.

DSCF3616.jpg


インナーチューブを入れ込む。

インナーチューブには、ミクロの面をを整える秘密のグリスをヌリヌリ~して。

DSCF3682.jpg


オイルシールストッパーを装着。

DSCF3684.jpg


ダストシールを入れる。

DSCF3685.jpg


先日、トリッカーに使用したのが残ってたので、

Fフォークオイルは、YAMAHA G15


オイルを入れて、数回インナーチューブを上下したら、

オイルが落ち着くまでしばらく放置。


液面のデータは無いので、左右が均一になるように調整して終了。

※だいたい、95mm位になるのかな (ちょっと多めに入ったかも)











Twitter_K2_カエル君s

※※※ 2018.5.24 追記 ※※※

Fフォークのオイル量について正確な情報を入手しましので掲載しておきます。

油種:ホンダウルトラクッションオイル10号
容量:56cc
液面:93mm

施工時の液面は、ちょっと多めに入ったと感じて、95mmでだったので正解だったんだな~。
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation