FC2ブログ

記事一覧

タイカブ -3- Fフォーク(前編)

 
エンジンは、セル一発~!で始動。

ミッションの入りもスムーズだった。

初見で気になったのは、

自慢のテレスコピック・フロントサスペンションがフニャフニャ~。

リヤのホイールのゆがみが許容範囲外。

チェーンケース内で、チェーンがガラガラ~。

ん~、事故ったのかな?

フレームのゆがみが無ければ良いが。


素性がわからないので、とりあえず全バラしてみる。


レッグシールドのボルト穴に「ゴムブッシュ」付きで、作りが丁寧。

DSCF3545.jpg


予想はしてたけど、サビサビえんじん。

DSCF3546.jpg


あら~(^_^;)

期待のテレスコピック・フロントサスペンションが~サビサビ!。


DSCF3553.jpg


フロントサスのパーツが入手出来なければお手上げなので、

まずは、フロントから、やっつけますか。

取付部のボルトを緩ると、スコっと抜けると思ったンだけど・・・

 抜けない(汗)

いくらやっても抜けないと思ったら、ボルトに沿って溝!

DSCF3573.jpg


Fフォークのダストシールと、オイルシールの部品確保が出来ることを確認したら分解。

底のボルトを緩めて。

DSCF3594.jpg


汚れたオイルがちょっぴり? 少ないんでない?

DSCF3595.jpg


中から、ピストンみたいなパイプが出てきた。

DSCF3597.jpg


オイルシール・ストッパーを外して。

DSCF3599.jpg


ん? 

インナーチューブが先に抜けちゃったけど、

オイルシールは、どうやって取り出せばイイの(大汗)

滝汗でなんとか乗り切り。



インナーチューブの錆対策。

錆がこれ以上、稼働部分まで広がらないようにの予防処理。

ホルツ サビチャンジャー

DSCF3618.jpg


表面の錆を、出来るだけ取り除いて。

DSCF3609.jpg


ヌリヌリ~、10分ほどすると、残った深い部分の錆が化学変化で変わってきます。

コレで錆の進行を遅らせるとイイな~。

DSCF3621.jpg



アウター(スライダー)にも錆が出ていたので。

DSCF3571.jpg


錆をとって、ぬりぬり~。

DSCF3660.jpg


ステムも綺麗にして、サビチェンジャー処理をして。

DSCF3625.jpg


ぬりぬり~。

DSCF3630.jpg


ステム・レースとボールは大丈夫そうなので、綺麗にしてそのまま。

DSCF3626.jpg


特製グリスをたっぷり、ボールを並べていきます。

DSCF3631.jpg


ん~1個足りない(^_^;)

と思ったら、落ちてた~(汗)

DSCF3634.jpg


ステムの準備完了。

DSCF3632.jpg


オイルシールなどの部品待ち。






Twitter_K2_カエル君s

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation