FC2ブログ

記事一覧

レストアの旅3~ ビックキャブへの挑戦 -其の五-

 
ようやく、「べんり~君」、改め、「す~ぱ~べんり~君」(CD125T)のご機嫌が良くなり、

燃調作業へと思ったのだけど・・・

IMG_3846_20150701182808518.jpg


ベリーショートのサイレンサーの排気音が意外とうるさい(^_^;)

某国製(何でも作っちゃうぞ~国製)なんだけど、

一応、内部は2層構造になっていて、内側はパンチングされた筒状になっていて、

グラスウールも詰め込まれている(らしい) ・・・  ぐふっ(´д`)

エンドバッフルも、パンチングされたパイプが付いていて、

わりとしっかりした構造に見えるけど ・・・ ぷぷっ(´д`)


いかんせん容量が小さく、消音効果が低いようだ。

爆音までとは言わないが、

早朝なんかは、とてもじゃないけど、近所迷惑を気にする音量。

いかに、べんり~君(CD125T)が、ご機嫌とは言え、

爆音轟かせて、わが物顔に・・・なんて、○○○みたいで、恥ずかしくてしょうがない。


マフラーの騒音について調べてみると、

平成22年規制値は、第二種原付車(50~125ccまで) 近接:90dB  加速:79dB ならしい。

【参考】
JMCA(一般社団法人 全国二輪車用品連合会)


簡易的だが、iPhoneアプリを使って測定してみると、

iPhoneアプリで出来る!マフラー音量の簡易測定


98~100dBぐらいもある(^_^;) 

平成10年規制以前の自動二輪なら許される程度かもしれないが、ちょっとね。

※古い車種だって、爆音はダメよね。



VM26 は、マフラーの排圧に影響されやすいようなので、

燃調後に、サイレンサーをいじったら、キャブレターの調子が変わってしまうので、

燃調前に何とか、消音してしまいたい。


愉しい燃調は、後にとっといて、

まずは、素敵なべんり~君(CD125T)に、なってもらわなくては。


リベット止めの構造なので、分解してとも思ったけど、

とりあえず、グラスウール少々と、ステンレスのタワシをぶち込んでみる。


あら! 意外に、スゴイ静かになった~!

べんり~君(CD125T)の調子もイイ。


そのまま、少し走っていると、

だんだんべんり~君(CD125T)の調子が変に・・・。


排ガスが、ものすごく臭い。

排気で、グラスウールが、サイレンサーの出口に固まってしまったらしい・・・とほほ。


でも、消音できそうな可能性がわかったので、

なんか、詰め込めそうな物を探す。


エキパイ側から、突っ込めそうな・・・。



キジマ(Kijima) インナーサイレンサー 50*200mm

41xe5TXHhNL.jpg


ちょうど長さが、サイレンサーの入り口から出口までスッポリ!


これで、内径は小さくなって、排気効率は悪くなるが、

[パンチングパイプ] - [グラスウール] - [パンチングパイプ] - [グラスウール] - [アウター]

の、5重構造になる。



音量を測定してみると、

88~90dBぐらい、


破裂音的な、うるささが消えてかなりイイ感じになった。

静かすぎ感も有るけど、次第にグラスウールが劣化してきて、

音量が上がることを見越したら、いいんじゃないかな。



と言うわけで、自己規制完了で、燃調作業が待っている~♪









Twitter_K2_カエル君s
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation