FC2ブログ

記事一覧

iPhone 6 Plus カメラのフォーカスが合わない

 
なんか変だな~と、気付いたもののどうしたら・・・

そんなとき、同じような事例を、残してくれていた記事に出会い、

とっても助かったので、自分も記録として残しておく。


思えば、数ヶ月前、何の気なしに撮った写真が「ピンぼけ」だった・・・

IMG_3855.jpg


「手ぶれかな?」 と、さほど気にしてなかった。


思えばだけど、

失敗して削除してしまった写真は、結構有ったね~。

まさか、カメラが変だなんて、微塵も疑ってなかった。

近い距離の物は、ちゃんと写せてたし。

IMG_3850.jpg


ところが、先日。

ズームを操作して、写そうとしていたが、どうやってもピントがあわない。

結果、撮れた写真が、このありさま。

IMG_3861.jpg


これは変だぞ~? と思って、

「iPhone 6 Plus カメラのフォーカスが合わない」

[検索] ポチってみると、結構出てくる。


同じような、「ズームをした時にフォーカスが合わない」といった症状の方の

修理完了までの、記事が大変参考になったので、

自分も、辿った道を記録しておく。


まずは購入した、auショップに電話してみる。

「auユーザーサポート」と、「ショップ呼び出し」の選択アナウンス。

「ショップ呼び出し」は、つながる気配無しなので、「auユーザーサポート」へ。


つながるのは早いが、症状を話すも、

「再起動してみてね」とか、

「別なカメラアプリで撮ってみて」とか、

あれやこれや、のらりくらりの回答。

結果的に、「Appleコールセンターに電話」するか、

「Apple製品修理サービスセンターに持ち込め」ってことらしいので、

さっさと、電話終了。


Apple iPhone サポート
http://www.apple.com/jp/support/iphone/


ちょっと寄り道して、「Apple サポートコミュニティ」を見ると、
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10152869

やはり同じような症状の人がいるみたい。



「Appleコールセンターに電話」

電話の前に、

1.iPhone のシリアルナンバーを確認しておくこと

2.IOSのバージョンを確認しておくこと

やっておいた方がイイ。


電話は、2分程度で直ぐつながる。


「いつ頃からですか~」とか

「落としたり、水没さたりは無いですか~」とか

和やかな雰囲気で、解決の糸口をさがす。


「それでは、初期化して見てください」

私 「え~、初期化ですか!」


iTunesを使って、「iPhone を初期化して、状態が変わるか確認してね」と言う。


気乗りがしなかったのは、iPhone 6 Plusを購入したときにも、

iTunesを使ってバックアップを取り、復元したのだが、

電話の履歴情報が消えてしまって、不便だったことがあったので、

やりたくなかったのだが、お姉さんが優しく「大丈夫!」と言うので、

後には引けない。


「終わったら電話してね!」である。


独り寂しく、どきどきしながら作業する。

ダウンロードに、15分ぐらい

capture-20150612-121102.jpg


OS初期化更新に、10分ぐらい

capture-20150612-122738.jpg



初期化し終わったのだけど、カメラはやっぱりピンとがあわない。



再度、「Appleコールセンターに電話」


「だめだったよ~」と言うと。


「それでは、iPhone自体の不具合と言うことで、本体の交換を行いますが・・・」

なにやら、落下したり、水没したりした状態が見つかった場合は、

修理料金を請求しますよ~とか、

交換機種の保証金として、クレジット払いの手続きをしてね~とか、

実際に、支払は行われないらしいが、なんか面倒くさい。



落下したり、水没したりは断じてないのは、

Otter BOX という、

IMG_0764.jpg


それは、それは、

iPhoneのスリムなデザインを、100%ぶちこわす(笑)

360° 質実剛健なケースに、購入直後にぶち込んでいるため、

傷はおろか、指紋一つさえ付いてないはず。

わざわざ、台湾の知人に頼んで、送ってもらった代物だ。

※某大手通販ショップに注文したら、パチモンが送られてきたぐらい、

 日本でもパチモンが横行している。 

 巧妙に作られているので気づいてない人も多いかも。


話がそれたが・・・

やんわり、

「早く治したいんだったら、お近くのApple製品修理サービスセンターに、

行った方がいいですよ」って事らしい。


「気持ちのわかる男」なので、

※本当は、長電話に疲れてきたので

「んじゃ~、修理サービスセンターに行ってみます」ということにして、電話を切る。



ここまでで、「最初から、修理サービスセンターに行った方が早かったんじゃね」という

自問がわきあがってきますが、これも辿る道。



iPhone 6 Plus を握りしめて、Apple製品修理サービスセンター行ってみる。


家電ショップの奥に、3席ほどの小さなカウンター、

店員さんが、3人ぐらいいるみたい。

きょろきょろしていると、店員さんが声をかけてくれた。

「iPhone 6 Plusの・・・」と告げると、

こちらに、記入して少しお待ちくださいということで、

氏名とかの必要事項を、受け付け用紙に記入していると、

程なく呼ばれて、カウンターに。


「カメラのフォーカスが合わないんですよ」というと、

店員さんが、にっこり笑って、

「はいはい、カメラモジュールを交換しますね」と、

白い部品の入った小箱を出して見せた。


私 「えっ、カメラモジュールを交換」

私 「ここで修理出来るの?」

店員さん 「は~い、大丈夫ですよ~♪」

店員さん 「でも、ちょっと難しいんで、30ほどお時間イイですか?」


めちゃめちゃ、フレンドリーな、対応の良い店員さんだ~w


店員さん 「一応、落としたり、水没さたりしてないか、確認しますね」

と、差し出した iPhoneのOtter BOX ケースを見て、「すごいケースですね」と食い付く(笑)


ケースを開けると、ピカピカの汚れ一つ無いiPhone がお出まし。


うっ 眩しい!


カウンターに置かれた、Mac に繋いで、診断プログラムで確認。

カメラ意外に異常は無かったらしいので、修理に取りかかるようだ。


30分と言っても、iPhoneが無いと時間もわからない。

そのことを店員さんに言うと、「だいたいで大丈夫ですからと~爆笑」


iPhone を預けて、時間つぶしに店内をぶ~らぶら。


思ったんだけど、カメラユニットの部品が直ぐに出てくるなんて、

やっぱり、iPhone 6 Plus のカメラのピントが合わないトラブルは、

結構多いんじゃないのかな~。

※あくまでも、個人的な感想ですけど。


だいたい30分ぐらい、時間をつぶして戻ると、

店員さんが、満面の笑顔で、

「お待ちしていました、治りましたよ」


確認すると、あ~ピントが合う!

ズームしても、ちゃんと合う!


保証期間内なので、修理費は無料。

ちなみに、保証外の場合は、

部品代が、¥11,000(税別)  + 技術料 (?) になるようです。 


店員さんに、お礼を言って店をでる。


なんか、あっけ無く治っちゃたな~w











Twitter_K2_カエル君s



2015 年 8 月 21 日 追記

今頃になって、Appleが不具合を発表です。

しかし、ユーザーには、な~んも連絡無いんですけど・・・(-_-;)


iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム

https://www.apple.com/jp/support/iphone6plus-isightcamera/
関連記事

検索フォーム

Page Navigation