FC2ブログ

記事一覧

レストアの旅3~ ビックキャブへの挑戦 -其の四 「覚醒」-

 
いくら走っても、いくら考えてもわからなくて、

はやり、べんり~君(CD125T)にビックキャブなんて、

「無理だったのかも」なんて、弱音が頭をよぎる・・・。

VM26 を選んだのは失敗だったのかな?

DSCF1411.jpg




ボコつく、べんり~君(CD125T)をなだめながら、

走っても、走っても、わからない。


というか、走るほどにわからない。



メインジェット(MJ)、パイロットジェット(PJ)、ジェットニードル(JN)

3つの組み合わせの、糸口がぜんぜん見えてこない。



アクセル開度1/4ぐらいの力強さが、

それ以降の、アクセル開度に繋がらない。


アクセル開度をさぐりながら走る・・・


はしりながらかんがえる・・・


ある、部分でのエンジンのレスポンスが、なんかの記憶をくすぐる。


・・・なんだっけ、この感触。


ずっ~と、べんり~君(CD125T)と、考えながら走っていると、


思い出した!


あっ! トリッカーだ!

ちょっと前に、装着していたスリップオンのサイレンサーを

ノーマルサイレンサーに戻したときの、高回転の伸びが無くなった感。

IMG_0951s.jpg


やはりノーマルサイレンサーだと、「抜けが違うんだな~」と思ってた。


この感触だ。


ここから、もう一息伸びていく回転域での頭打ち感。



なんちゃってスパトラマフラー

P8060116_20150603002849f9d.jpg


この時も、フィーリングが変わったんだよな~


そして、あのとき装着した、

レストアの旅2~エンジン⑦

P5110559_201506030024053ae.jpg


キジマ トライアンフマフラー

P5110561_20150603002406413.jpg

静かで、いい音だったんだけどな~



もしかして、容量不足?


これは、排圧なのか!?


そういえば、な~んか、排ガスが臭う!!




これは、暖めていた秘策を実行するしかありません。


計画的な検証をしている余裕はありません。


いつもの、ダメもとでGo~!


IMG_3846.jpg


見た目OK!

びっくりするほど、ジャストフィット。

イイ~! ベリーショートサイレンサー

IMG_3854.jpg



スタイルはともかく、べんり~君(CD125T)のご機嫌はどうかな~?

早速試走。


走り始めて直ぐに驚いた!

これは、べんり~君(CD125T) じゃない!


アクセル開度1/4を越えても、そのまま回転が上がり続ける。

9000rpm(たぶん?)付近まで、あっという間に回ってしまう。

パルス式のタコメーターが追従できない。


それなりに振動があるので、Vツインには及ばないが、

驚くほどの、レスポンス。

MIKUNI VM26キャブレターは、マフラーの排圧に凄く影響されるようだ。

こんなに、違うなんて信じられないが、

あんなにボコついてたエンジンが嘘のように回る & トルクUP!

巡航スピードは、10km/h Up!

最高速は、10km/h+ Up!

トップギヤ(OD)で、最高速まで、ぐんぐん行く(怖いね)


「360°クランクは回らない」なんて誰が言ったのか(自爆)

とんでもないポテンシャルだったんだね~べんり~君(CD125T)


クラッチ交換しておいてよかった~(汗)

あのままだったら、完全に滑ってたな。


これで車体の重さがなかったら、とんでもないことになるね。


べんり~君、改め、


Super-Benly.png



です(^_^;)






Twitter_K2_カエル君s
関連記事

コメント

大人ひよこ さま

はじめまして。 大人ひよこ さま
「とほほ記事」で、お恥ずかしい限りですが、
同じ、CD125Tオーナー様からのコメント嬉しいです。
ありがとうございます。

はじめまして。大人ひよこと申します。

大阪のCD125T乗りで整備などの参考に
いつも拝見させていただいております。

ベンリィのエンジンから感じる「まだ何かある」感を
ベンリィらしさを残したまま引き出されている感じがとても素敵です。


す~ぱ~べんり~君、感動しました!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation