FC2ブログ

記事一覧

レストアの旅2~ クラッチ交換と秘密の計画-其の参-

 
冠動脈(オイルライン)バイパス術成功から数日・・・


実は、そのあとを考えていなかった。


オイルが、ぴゅ~と流れるのを見て楽しんでいたり、

「外付けのオイルフィルターを付けようかな」、なんて考えていたりしていたら、

みんなが、オイルラインをみて、

「オイルクーラー付けるの!」なんて言うもんだから、


「やっぱりオイルクーラーかな~」と思ってしまう。

09-07-7010s.jpg


しかし、べんり~君に、アルミのギラギラした、オイルクーラーはちょっとな~(^_^;)


いろいろ、探し回っていると・・・おっ!

73583_1_ls.jpg


なんか、渋いンじゃな~い

DAYTONA(デイトナ) ビレットオイルクーラー
ステー180度 カラー:ブラックアルマイト対応ホース内径:φ8

モンキー用ならしい・・・小さいのかな?



手配して、待つこと・・・2週間ほど。


はぅっ! 小さいね!(汗)

IMG_9797.jpg


そんなに、冷却性能は期待していないものの、ちょっと不安。


もしかして・・・とほほ?


やな予感がしますが、ここまで来たので取り付けずにはいられません。


オプションの取付ステーセット(DAYTONA製 モンキー用)の、

付属しているオイルホースが、内径φ8 なのに、外径がやたらと太い!

なんか、ホースだけが、物々しいな~(^_^;)


もうちょっと、簡素で目立たないようにしたかったのだが・・・


ホースラインは美しく、細心の注意を払って、

こんな感じで、完成!

IMG_9805.jpg


さて、インプレに走ってみますか!


外気温 30 ~ 28 ℃

クランクケース下部のドレンボルト部分で、温度計測

いつもなら、1時間も走ると、計測温度が、70℃付近まで上がっているところですが、

60℃付近で止まっています。


こんな小さいヤツで、10℃も温度が下がるなんて、

期待以上の効果に驚きながら・・・ほんとかな?

IMG_9802.jpg


ながーい、ワインディングロードをノンストップで30分ほど走行。

時折、ややキツイ上り坂もあり、4速にシフトダウンで走行してみましたが、

わずかに温度は上がりましたが、最高 62.8℃で、それ以上にはなりませんでした。


信号で止まると、温度は上昇していきますが、

走り出すと、オイルクーラーが風を受けてどんどん温度が下がっていきます。



これほど顕著に冷却効果が出るとは、思っても見なかったので、

ニヤニヤ感倍増だ~。




Twitter_K2_カエル君s



蛇足ですが・・・

ニヤニヤしながら走っているときに、

ふと気がついたんだけども・・・

あの、クランクケースのオイルライン(溝)は、

「オイルを冷やすため」だったのか! ・・・ (いまごろ気づいた)

だから、わざわざあんなに広く・深い溝なんだ~!

クランクケースに当たった風が、オイルラインのオイルも冷やすんだ~!

あの部分に直接、冷却フィンを付けた方が早かったか!?

・・・ (^_^;)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation