FC2ブログ

記事一覧

レストアの旅2~ クラッチ交換と秘密の計画-其の弐-

 
クラッチ交換は、程なくおわりなんだけど・・・



実は、コレがしたかったんじゃなくて、

ある時、パーツリストの分解図を見ていたら思いついたことが気になっていた。

画像1



腰上をいじっていた時に、スタットボルトの穴を通って登ってくるオイルが、

腰下の部分で、オイルポンプからどこを通って来ているんだろう。



ああ~、ココの溝か~!

IMG_9697_2014073122584750a.jpg


オイルポンプから送られたオイルは、

クランクケースの前側に設けられた溝を通って上に登り、

一方は、スタットボルトの穴に通じる方へと、

もう一方は、ケースカバーのラインを通り、クランクシャフトの穴へ注がれていく。


この、クランクケースのオイルライン(溝)は、

ケース側と、ガスケットを挟んで、カバー側にもある。

IMG_9669.jpg


なんか、不思議な構造?

なぜ、わざわざ両側なのかな?


・・・で、思いついたのが、このラインを遮断して、

外にオイルを取り出せれば、愉しいことになるんじゃないかな~、

と、準備したのがコレ!

TAKEGAWA のオイルクーラー用のパーツ

IMG_9780.jpg


オイルが漏れないように、なるべく平らなところが良いので。

この辺から、取り出して、

IMG_9671.jpg


この辺に、戻してあげればどうかな~(´д`)

IMG_9670.jpg


オイルラインを「レクターシール EP-200」で塞ぎます。

IMG_9781.jpg

エポキシ樹脂で、耐熱温度 -40~260℃

練って成形するだけで、金属のような強度をもつようになります。

指でコネコネしていると、凄く熱くなるので驚きます(^_^;)

IMG_9708.jpg


クランクケースカバーの溝(オイルライン)も同じ位置を塞いで、

オイルのIN・OUT用のボルト取り付けようの穴をタップします。

IMG_9721.jpg

タケガワのアダプターボルトのネジピッチが「1.00」なので注意が必要です。


IMG_9722.jpg


貫通なんだけど、奥行きが無いので通常のタップだと掘り切れない。

IMG_9723.jpg


先端のテーパー形状が短い(右)ので、仕上げ!

IMG_9726.jpg


アダプターボルトのネジ部分を、深さに合わせてカット。

IMG_9738.jpg


付属の、ワッシャー(ガスケット)がなぜか薄く、

ユルユル~なので、少し厚めのに交換して、

液体パッキンを塗布して締め込む。

IMG_3062.jpg

規定トルクは、24.5N・m だけど、怖いのでちょっとやさしく~。



ガスケットにも、穴を1コ追加。

IMG_9712.jpg


頼んでおいた、クラッチのロックナットが入荷。

IMG_9736.jpg


ついでの、キックシャフトのオイルシールも交換。

IMG_9735.jpg


組み立て完了!


クラッチが、シビアになった!

適当に握ってた(にぎらなかったり)クラッチが、ガクガク~(^_^;)

シフトダウンも、ガクガク~(^_^;)

やさしい、べんり~君が・・・厳しくなった。




お年寄りにやさしい、べんり~君が良かったな・・・(^_^;)





で、冠動脈バイパス術の結果は・・・




先生! 成功です!





Twitter_K2_カエル君s
関連記事

コメント

>せっとんCD-125T さん
ありがとうございます、わかりました! クラッチリフターカムのピンですね。
実は、クランクケースカバーの塗装するときに、ケースに付いているレバーなどを、
外そうと思ったのですが、ピンを抜くのに面倒そうだったので、思いとどまってしまいました。
次回、開ける事があったら、忘れずに交換します。
ご教授、ありがとうございましたm(_ _)m

クラッチの真ん中から出ている細いロッドを押し込む、クラッチリフターカムと、シャフトを繋ぐロールピンです。

2枚目の写真に写っています。

このロールピン、乗り方にもよりますが、走行距離4万キロ超えたあたりから金属疲労で折れてしまい、クラッチが切れなくなります。
私のは46000キロくらいで折れました。

部品自体は100円もしない部品なんですが、結構重要な部品です。

クラッチのスプリングも交換されているようですので、ピンへの負担も大きくなるのではと思いコメントいたしました。

折れる前兆としては、通常よりもクラッチレバーのストロークが少なくなって遊びが大きくなります。何回かクラッチを握ってると突然
切れなくなります。

Re: タイトルなし

>セットンさん
こんにちは、
「カムのロールピン」とは、
「クラッチリフターロッド」の事ですか?
クラッチの真ん中にピョコンと飛び出ている、
4~5cmくらいの細い棒のことですか?

たぶん交換してないです。
フリクションプレート、クラッチプレート、スプリングのみ交換しました。

はじめまして。

鹿児島でCDに乗っているセットンと申します。

秘密の計画お疲れ様です。

クラッチ交換の際、ケース側にくっついている、カムのロールピンも交換されましたか?

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation