FC2ブログ

記事一覧

Tera Station PRO ハードディスク換装記-⑤-

「RAIDアレイ1をチェック中しています」が延々続いてレスポンスは多少低下していますが、TeraStationの全機能は正常に使用できるみたいです。


共有フォルダや、アクセス制限の設定もRAID構成を解除したときに、削除されてしまったので復旧します。
これには、BUFFALOから提供されている「NAS設定保存・復元ツール」を使用すると便利です。

あらかじめ設定内容をこのツールで保存しておくと、後で簡単に設定を元に戻すことが出来ます。

TeraStation015.jpg


TeraStation016.jpg

共有フォルダが元通りに再現され、PCからアクセス可能になりました。
後は、バックアップしておいたデータを転送するだけです。

「ベタな方法で」全容量は倍以上になり、TeraStationは完全にリフレッシュされました。

結果(まとめ)

・メーカーのマニュアルに乗っ取った方法でHDDの換装は出来る!
 障害時もデータを温存したまま、稼働した状態を維持できる。

・社外品の高容量HDDへの換装も問題無くできる。
 ただし、RAID構成の再構築が必要で、データの維持は出来ない。

※これらの記載は、あくまでも自己責任で研究(個人の興味本位)ということで行っています。
 メーカーでは、専用交換ハードディスク以外の動作保証はしておりません。


RAID構成の再構築後のディスクチェックに18時間も掛かるのには驚きましたが、なにしろ4TBですからね。
これで、容量も増えたしこれからも安心して使用できます。





Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation