FC2ブログ

記事一覧

Windows XP Mode

 
Windows 7 Professional および Windows 7 Ultimate / Enterprise 向けに提供される Windows XP Mode を使用すると、Windows XP 環境を Windows 7 デスクトップで実行できる。


Windows XP Mode を実現する Windows Virtual PC の新機能は盛りだくさん、Windows XPのサポート終了を間近に控えて企業の業務アプリケーションなど、Windows 7 への移行に不安を感じているユーザーに対して速やかに移行を推し進めたい Microsoft の意気込みが感じられる。


fig_00.gif



Windows XP Mode および Windows Virtual PC」を導入してみる。


このWindows Virtual PCは、Virtual PC 2007後継の仮想化環境で、Windows XP Modeだけでなく、従来のVirtual PCのように、さまざまなOSを実行するための汎用的な仮想化環境を再現できる。



Windows Virtual PCで正式にサポートされているゲストOS/Service Packの組み合わせは以下の通りであるが、統合コンポーネントがインストールできないとか正式なサポートがないなどの制限を除けば、それ以外のゲストOSやService Packレベルでも利用可能なものもある。

•Windows XP Professional SP3
•Windows Vista Enterprise SP1/Ultimate SP1/Business SP1
•Windows 7 Professional/Windows 7 Ultimate/Windows 7 Enterprise

さらに、ホストOSが64bit版のWindows 7であっても、Windows Virtual PCで利用可能なゲストOSは32bit版(x86版)に限られる(これはVirtual PC 2007と同じ)。


vpc_home_keyfeatures.jpg


Windows XP Mode との統合:
Windows XP Mode では、さまざまな Windows XP アプリケーションを実行できる。Windows Virtual PC には、簡単で使いやすい Windows XP Mode の統合インストール機能が用意されている。

USB サポート:
プリンター、スキャナ、フラッシュ メモリやメモリー スティック、外部ハード ディスク、デジタル カメラ、スマート カード リーダーなど、さまざまな USB デバイスをサポート。

シームレスなアプリケーションの公開と起動:
Windows XP Mode にインストールされているアプリケーションを、Windows 7 対応アプリケーションであるかのように、Windows 7 デスクトップから直接公開および起動できる。 

マルチ スレッドのサポート:
複数の仮想マシンを同時に、専用のスレッドで実行できるため、安定性とパフォーマンスが向上。

クリップボードの共有:
Windows 7 ホストと仮想マシン間で、カット アンド ペーストが可能。

プリンターのリダイレクト:
ゲスト マシンからの印刷を、ホスト マシンに接続されているプリンターにリダイレクトできる。 統合機能を有効にする場合は、ホストとゲストの両方にドライバーがインストールされている必要があるが、基本モードでは、ホスト側のドライバーは必ずしも必要ではない。

スマート カードのリダイレクト:
ゲスト オペレーティング システムから、ホストに接続されたスマート カードをサポートできます。 スマート カードのリダイレクトは、プリンターのリダイレクトと同様に処理される。 この機能は、統合機能が有効な場合は、利用できない。

ドライブの共有:
Virtual PC 2007 では、フォルダー共有が可能だったが、さらに柔軟性の高いドライブの共有が可能になった。

Windows エクスプローラーとの統合:
Windows Virtual PC コンソールは Windows エクスプローラーと統合されているため、すべての仮想マシンを簡単に検索できるフォルダー (%User%\Virtual Machines) を使用して管理できる。

ホストとゲスト間の既知のフォルダーの統合:
Windows 7 の既知のフォルダー (マイ ドキュメント、マイ ピクチャ、デスクトップ、マイ ミュージック、マイ ビデオなど) に Windows XP Mode などの仮想 Windows 環境内からアクセスできる。

高解像度のサポート:
仮想マシンで対応できる解像度が、1600 x 1200 から 2048 x 1920 に引き上げられた。




Windows XP Mode および Windows Virtual PC」の導入

現在(2011.9)の導入手順は以下の通り、

1. Windows XP Mode

2. Windows Virtual PC

3. Windows XP Mode update

それぞれをダウンロードしながら、インストールする。









長いので、次回につづく・・・Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation