FC2ブログ

記事一覧

Windows Anytime Upgrade

 
Webノート(スモールノート)に搭載されている、Windows 7 Starter は、ネットワークドライブにアクセスできなかったり、ドメインに参加できない。

また、Windows 7 Home Premium では、Windows XP Mode(Windows Virtual PC)が使用できないとか。


こんな時、「上のグレードのWindowsにしとけば良かった」なんて思うのだが・・・。


マイクロソフトでは、使用中のWindowsをアップグレードできる、「Windows Anytime Upgrade」を提供している。

699f8301-db84-4c23-a974-24a205b683a5_0.jpg


Windows Anytime Upgrade を導入することにより、上位のグレードに移行することができる。

画像1

※32 ビット版 のWindows 7 から 32 ビット版の Windows 7 へのアップグレード、または64 ビット版の Windows 7 から 64 ビット版の Windows 7 へのアップグレードに、Windows Anytime Upgrade を使用することができるが、32 ビット版の Windows 7 から 64 ビット版の Windows 7 へのアップグレード、またはその逆のアップグレードに使用することはできない。



Windows 7 Home Premium に Windows Anytime Upgrade を導入して、Windows 7 Professional にアップグレードしてみる。


価格は、\10,000円前後、パッケージが、やたら小さいのに驚く。 

IMG_2840.jpg

それもそのはず、中には、アップグレードキーが書かれた紙しか入っていない。

IMG_2842e.jpg

「スタートメニュー」の、Windows Anytime Upgrade を選択して、アップグレードキーを入力。

画像2

「ライセンス条項に同意」・・・もちろん同意。

画像3

予定時間は10分ほど。

 開始した後は、何もする必要はない。

画像4

アップグレードに必要なデータをダウンロードしているようだ。

 しばらく待つと・・・。

画像5

Windows 7 Professional にアップグレード完了。

画像6


拍子抜けするぐらい、あっさりアップグレードが完了。


インストール済みのアプリケーションソフトはもちろん、以前の環境もそのまま引き継いでくれるので、今のグレードのWindowsで、不足する機能が有るならアップグレードで解決できるので安心できる。















Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation