FC2ブログ

記事一覧

Fブレーキ&クラッチレバー交換

 
Fブレーキ&クラッチレバー交換作業の覚え書き。

思い出す・・・大型免許の試験で、「これが悪い見本です」と言われた。

でも、レバーを握るときどうしても2本指。

フロントブレーキなんか、1本指だったりして。

VMAX17のFブレーキとクラッチのレバーは、なんでこんなに長いのか。
(やっぱりアメリカンサイズ?)
クラッチを握り込んだ時、どうしても薬指や小指をグリップとレバーに挟んでしまう。


あくまでも個人の好みの問題で、ショートタイプのレバーに交換してみる。


SANY0853.jpg

SANY0863.jpg

クラッチ側は、XJR  Fブレーキ側は、R1 と同じ。

SANY0860.jpg


Fブレーキレバーの交換

ピボット部のナットとボルトを外して、レバーを取り外す。

ノッカーを取り外すため、カラーを打ち抜く。

ヘキサゴンレンチのヘッドがちょうど良い太さだったので使用。
※適当な太さのボルトなどでもOK

SANY0875.jpg

コンコンと、軽く叩くと程なく抜けるが、堅いときは、ヒートガンなどで暖めると抜けやすくなる。

SANY0891.jpg

レバーアジャストを取り外したら、アジャストノブを回して取り外す。

アジャストボルトをラジオペンチなどで回して、レバーから取り外す。
※スプリングをなくさないように注意!

パーツを全て取り外した状態

SANY0884.jpg

新しいレバーに、アジャストボルトをラジオペンチなどで回して取り付け、アジャストノブを回して取り付ける。

レバーにスプリング差し込みノッカーとレバーをカラーで組み付けます。

取り外した逆の順で、レバー取り付けて完了!



クラッチレバーの交換

ピボット部のナットとボルトを外して、レバーを取り外す。

SANY0925.jpg

交換するレバーの長さを比べてみると、こんな感じ。

SANY0933.jpg

カーブもちょっと違う。

SANY0943.jpg

またしても、カラーを打ち抜く。

実は、使用していたヘキサゴンレンチのヘッドだと、最後まで打ち抜け無いので、もっと長い物をさがすと・・・。

思いついたのが「単4アルカリ電池」 ちょうど良い長さと、太さ。

 ・・・「アルカリ」必須(嘘)

SANY0940.jpg

程なく分解。

SANY0942.jpg

新しいレバーに、アジャスターピースを取り付る。 ※6段階の調整が可能

SANY0946.jpg

アジャスターピースに付いている、C型のスプリングが、差し込み穴の中程に有る溝にはまる用になってるのだが、コレのはめ込みが少々ムズイ。

マイナスドライバー等を使って、スプリングを押さえながら、アジャスターピースを押し込む。
 ※大好きな、モリブデングリスをタップリ塗って

SANY0953.jpg

ノッカーとレバーを付属の真ちゅうカラーで組み付けます。

SANY0960.jpg

取り外した逆の順で、レバー取り付けて完了!


Fブレーキレバー

SANY0972.jpg

クラッチレバー

SANY0974.jpg




レバーの握り部分が薄く、少し角張った感じになっているので、指の第1関節に引っかかりやすくい。

 操作フィーリングが「いいね!」

















Twitter_K2_カエル君s

関連記事

検索フォーム

Page Navigation