FC2ブログ

記事一覧

レストアの旅~リアキャリア

 
「レストアの旅」から、本当の旅へと行きたいところですが、積載を確保しなければなりません。

さすが、実用車。

とっても大きなリアキャリアが付いていますので、パニアでも、汎用ケースでも、さらにリンゴ箱でも余裕で積載可能です。
 
何を取り付けようか考えながら、とりあえず外して確認すると、リアキャリアの裏側の錆が思ったより酷いことに気がつきました。

錆が進むとイヤなので、対策を・・・。

ガレージの隅から、いつのだったか忘れたけど、錆取り剤「サビコン」が出てきました。

「みるみるとれる」なんて書いてるけど!?

効くのか半信半疑で、塗ってみます。

何となく、液が茶色になって錆が溶けている感じがします。

IMG_2425.jpg

一晩、放置してみました。

「みるみるとれる」までは行かないけど、かなりとれました。

IMG_2426.jpg

「花咲かG ラストリムーバー」なんか使ったら、もっととれるのだろうか?

ここで、液が無くなってしまったので、次にネットで評判の「サンポール」の100均版「ナイス」

たっぷり入って100円なので、惜しげもなくジャバジャバかけます。

・・・が、これは、いまいち。 ぜんぜんナイスじゃないです。

 ※そもそも使い方が間違っている! なんて突っ込みは無用です。

効果が出ないようなので、早々にあきらめました。

IMG_2427.jpg

錆の除去を諦めた理由は、もう一つ。

かなり深~い錆や、届かない細かい部分があったり、そして、パイプの内部にも、かなり錆が広がっているようだったから。

ここまで、除去するのは容易では無いので、方針変更!


「錆転換剤」サビチャンジャーを使ってみます。

これは「赤さび」を、防さび物質の「黒さび」に化学変化させる物です。

 「黒さび」と言うのは、酸化鉄(II,III)。

  この時期キャンプで活躍する「ダッチオーブン」や「中華鍋」の表面で、わざと空だきして皮膜形成をする。

  あと、岩手で有名な「南部鉄器」のような感じかな。

P7300556.jpg

赤い錆に直接塗りつけると、みるみる黒く変化していきます。 

 これスゲー!

P7300555.jpg

パイプの内部にも、注射器を使って「ラブ注入~♪」

P7300557.jpg

メッキの表面に開いてしまった細かい錆にも塗り込むと黒く変化していきます。

恒久的では無いけど、ある程度の寿命延長になるかな。


乾いたところで、さび止め(下地剤)を塗装します。

P7300559.jpg

今日はここまで・・・。














Twitter_K2_カエル君s







関連記事

検索フォーム

Page Navigation