FC2ブログ

記事一覧

レストアの旅~諸元表

 
ベンリィCD125Tが、どんなバイクかというと、

1966年に発売開始された。ビジネス車でありながら、CB92の流れも汲む直列2気筒エンジンを搭載していたが、扱いやすさの点から2気筒を同時に上下させる仕様となっている(4ストローク360°クランクのため点火・爆発は交互)。

1977年よりベンリィCD125Tに車名が変更され、1987年に5速ミッションへの改良を受けてからは、十数年間そのままの仕様で販売され続け、最終的には125ccクラス唯一のビジネス車両としての地位を確立させた。

地域によっては、警察官の交番と警察署の移動手段として、近年スーパーカブ90への代替が行われる前までベンリィCD125Tがよく使われていた。2001年の排出ガス規制では浄化装置を導入して適合させたが、2003年の加速騒音規制にはエンジンの構造から対応させることができず、この年で販売終了となった。



さて、この CD125T 初年度登録書が無いので、製造年がわからない。

車体番号から、リサーチしてみると、

打刻型式:CD125T 
製造開始車体番号:120105xx 
原動機型式:CD125TE 
機種記号:CD125TP

と言うのがわかった。

さらに、12V仕様で、5速ということから、

1987-1991に生産されたモデルらしい。

HONDAの資料を見ると、年間生産台数が4000台となっている。

製造番号からして、10,000台を超えた所なので、89-90年あたりの生産と推測する。

けっこう、新しいんだね~♪

http://www.honda.co.jp/pressroom/library/motor/business/benly/t_index.html

本田技研工業(株)の1987年9月7日 掲載から抜粋 http://www.honda.co.jp/news/1987/2870907.html

ビジネスバイク「ホンダ・ベンリイ」シリーズの機能と装備を充実させて発売

--------------------------------------------------------------------------------
本田技研工業(株)は、経済性・耐久性・実用性にすぐれた4サイクル・OHCエンジンを搭載し好評を得ているビジネスバイク「ホンダ・ベンリイ」シリーズ・三機種(ベンリイCD50/90/125T)の機能と装備を充実させて、9月8日より発売する。

honda2870907.jpg

 今回のベンリイシリーズの主な変更点は、次の通りである。

● 排気騒音などの低減による静粛性の向上。
● キー付燃料タンクキャップを全車に採用。
● 荷物の積載性を向上させた大型リアキャリアや、5段ロータリー式の変速機を採用。

 これらの変更により、このベンリイシリーズは、使い勝手や実用性を一層向上させたビジネスバイクとなっている。


●販売計画(国内・年間)
・ ベンリイCD125T 4,000台

●全国標準現金価格(北海道・沖縄およびその他一部離島を除く。)
・ ベンリイCD125T 249,000円


主要諸元
---------------------------------------------------------
販売通称名 ベンリィCD125T
型式 CD125T
全長(m) 1.98
全幅(m) 0.78
全高(m) 1.05
軸距(m) 1.28
最低地上高(m) 0.145
シート高(m) 0.73
車両重量(kg) 140
乾燥重量(kg) 131
乗車定員(人) 2
燃費(km/L)定地走行テスト値 60.3(50km/h)
最小回転半径(m) 1.9
エンジン型式 CD125TE(空冷・4サイクル・OHC・2気筒)
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 44.0×41.0
圧縮比 9.4
最高出力(PS/rpm) 12.0/9,000
最大トルク(kg-m/rpm) 0.96/7,000
キャブレター型式 VC05
始動方式 セルフ・キック併用
点火方式 CDI式マグネット点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 1.5
燃料タンク容量(L) 10
クラッチ型式 湿式多板コイルスプリング
変速機型式 常時噛合式5段ロータリー
変速比 1速 2速 3速 4速 5速
2.846 1.777 1.333 1.083 0.913
減速比(1次/2次) 3.833/3.000
キャスター(度) 27°20′
トレール(mm) 89
タイヤサイズ 前 3.00/17-4PR
後 3.00/17-4PR
ブレーキ型式 前 機械式リーディングトレーリング
後 機械式リーディングトレーリング
懸架方式 前 テレスコピック
後 スイング・アーム
フレーム型式 ダイヤモンド


キャブレターが、排ガス規制前の VC05 だったのにはちょっと感激!










Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation