FC2ブログ

記事一覧

KINGSOFT Office for iPad

以下の情報は、提携協力会社からの転載依頼を受けて掲載しております。


オンラインストレージサービス「KDrive」を無料で提供しているキングソフトが、iPad端末向けのファイル閲覧アプリ「KINGSOFT Office for iPad」を無料公開しました。


先に、Android端末用のアプリを提供していますが、これに続くものです。

オフィスソフトで作成したオフィス文書はiPad版の「KINGSOFT Office for iPad」で閲覧でき、ローカルのバーチャルドライブ「KDrive」と「KINGSOFT Office for iPad」のオンラインスペースが連携しているのが特徴です。ファイル閲覧は、キングソフト独自の文書変換エンジンによりオフィス文書を高い再現性で表示します。例えば、社内で作成したプレゼン用のファイルデータや自宅で作成したオフィス文書をローカルのバーチャルドライブ「KDrive」に保存すれば、自動同期機能により、外出先のiPad端末において、閲覧するといった使い方ができます。閲覧は、iPadならではの大きなスクリーンで快適に文書や写真を確認できます。



また、「KINGSOFT Office for iPad」は、iPad標準搭載の「写真」アプリや「メール」アプリからファイルをオンラインスペースにアップロード、閲覧するといった機能を搭載しています。アップロードしたファイルはオンラインストレージと同期されるので、複数の端末からアクセスして利用できるようになります。さらに、オンラインスペースに保存されたファイルはメールに添付してすぐに送信できますので、他者との共有も容易です。




【主な特徴】
●「マイスペース」
「マイスペース」では、オンラインストレージサービス「KDrive」に保存されたオフィス文書や写真ファイルを閲覧できます。自分で保存したファイルだけでなく、第三者から共有してもらったファイルも閲覧できます。また、メール添付でファイルを送ったり、写真データを「写真」アプリにダウンロードできます。

●「オンラインスペースへアップロード」
「写真」アプリに保存されている写真データや「メール」アプリに添付されたファイルをオンラインストレージ上のマイドキュメント内「Uploads」にアップロードしますので、万が一の場合でも大切な写真は保護されますので安心です。自宅のPCに「KDriveクライアントソフト」をインストールすれば、同期機能により、自宅で同じファイルを開くことができるようになります。

●「iPad端末上のファイルを閲覧」
KINGSOFT Office for iPad」は、iPad端末上のファイルを閲覧できます。「KINGSOFT Officeで開く」を選択することで、「写真」アプリに保存された写真や「メール」アプリに添付されたファイルは自動でマイドキュメント内にアップロードされ、閲覧できます。

【製品の概要】
□製品名:「KINGSOFT Office for iPad」
□提供開始日:5月28日(土)
□入手方法:
「App Store」より無料でダウンロードできます。 App Store>仕事効率化>「KINGSOFT Office for iPad」
PCからのアクセス  http://itunes.apple.com/jp/app/id434355981?mt=8
□OS:iOS 3.2以降
□対応機種:iPad 3G/WiFi
□容量:1.7MB
□閲覧可能なファイル形式:jpg、jpeg、png、bmp、pdf、htm、html、txt、wps、doc、et、xls、dps、ppt、key、numbers、pages



Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation