FC2ブログ

記事一覧

ヘッドライト・リレー化

「もうすぐ車検」で思い出しました!

前回も前々回も、ヘッドライトの光量不足の注意を受けていたのです。

VMAX12はヘッドライトの口径もさることながら、リフレクターの形状も一因して、ヘッドライトの明るさは原チャリなみ、なんて言われるほどです。



そんなところに、常時点灯をON/OFFするためのDAYTONEAのスイッチを取り付けていました。
Lowビームをカプラでバイパスさせてハンドルに取り付けたスイッチでON/OFFする回路なので、ケーブルの長さによる電圧降下とスイッチの劣化を心配していました。

VMAX12ヘッドライト_before

ライト本体を交換するか、いっそHIDにしてみようかとも考えていましたが、最近、TVニュースで盛んに言われている言葉で思いつきました。

「電源確保」

・・・と言うことで、原点に返ってリレーハーネスの作成をしてみることにしました。

いずれHIDにする場合にも、電源を確保しておけば役立つはずです。


回路図を考えますが、一つ条件があります。

「Lowビームの点灯/消灯もできること」

この条件をクリアするため、2個のリレーを使用する回路を考えます。

VMAX12ヘッドライト_after

※図では(-)側をGND表記してますが、実際はバッテリーの(-)端子に直接つなぎます。
 (+)側はもちろん大事ですが、電源確保には(-)側も大事です。

これでHi/Lo共にバッテリーからの電流をリレーでON/OFFしながら、Lowビーム時に消灯もできます。

さっそくリレーを探します。

エーモンのNo.1245(DC12/20A)のリレーがちょうど良かったので2個準備します。

小型なのと、リレー本体と接続端子部分が分割できるので、故障の際にリレー部分だけの交換が可能です。



左サイドのエアインテーク内の電装品が収まっているところににちょうど収まりそうです。
バッテリーから電源を引き、ヘッドライトからの配線ハーネスを作成します。



リレーを2個並べて固定します。
リレーには、ギボシ端子が予め付けられているのでつなぐだけでOKです。



ライト内も、DAYTONEAのスイッチに付いていたカプラを流用したので、オリジナルの配線をいじる必要が無く取り外しもできます。

点灯してみたところ、見た限りですが確実に光量アップしてます。 
ハイワッテージのバルブの装着もできますし、停車時に消灯もできます。

尚、このVMAX12は平成2年の車両です。 平成10年以降(確か・・・)の車両は消灯回路の装着は車検を通らないそうです。

愉しい電子工作でした。



Twitter_K2_カエル君s

関連記事

検索フォーム

Page Navigation