FC2ブログ

記事一覧

10/04/30 懐かしさにひたる・・・

時折、「昔は良かったよね~」という言葉をよく耳にする。

何が良かったかと言えば、プログラム開発環境。

特に、初心者向けの開発環境と言うところの話である。

その昔、Windowsの「W」の字も無かった頃、パソコンの真っ黒い画面にひたすらコマンドを
叩き込んでいた「DOS(MS-DOS)」そのまたちょい昔、アプリケーションソフトすらろくに
無かった時代、NECのパソコンには、N88-BASICと言う物が付いてきた。
ソースコードを打ち込んで、ちょっとした計算をさせてみたり、画面に線を引いたり色をつけたり
今では、何のことはないことを四苦八苦しながら(楽しく)やっていた。
やがて、N88-BASICから、QuickBASIC -> Visual Basic -> .net と時代は移り変わり
Webアプリケーションまで開発出来ちゃう環境を備えたソフトに肥大してしまった。
確かに、開発効率が良い環境になってはいるが、初心者がちょっと手を出すのには、仰々しすぎる。
まぁ、古き良き時代を語ってもしょうがないけど・・・
そういえば、WindowsでN88-BASICを動作させた事があったな~と思い出す。

NECがPC98シリーズから撤退し、世の中にDOSパソコンが無くなってきた頃、膨大な資産!!
(ほとんどGAMEだったけど・・・笑)をWindowsマシンで動かすべく、DOSエミュレーターなる
ものを駆使して遊んでいた時期があった。

思い出して、探すと有りました、「T98-Next」
数あるエミュレータの中でも、PC98実機のBIOSを使用するなど、GAMEとの抜群の親和性を
もったソフトである。残念ながら、現在開発は終了している。

はたして、Win XPで動作するのか?と久々に動かしてみると、難なく起動した。

画像1

懐かしい、EOSystem 最終のVer3.0です。
当時画期的な、アプリケーション起動メニューソフトです。
APごとに環境や、FEPなんかを切り替えて起動できる優れものでしたね。

画像2

メニューの横に、時計とカレンダーがついて、なかなかおしゃれでした(今じゃー当たり前か!!)

画像3

これも懐かしい、エコロジーⅡです。私的にはⅠの方が好きだったけど。
コマンドでしか、ファイルの操作ができなかった時代だったので、フォルダ(当時はディレクトリと
言っていた)がビジュアル的に確認できて、メニュー選択で操作できるので、ずいぶん楽になった。


画像4
そう、これがコマンド画面。
この真っ黒な画面に、コマンドを打ち込んで操作する。
ファイルの表示は「DIR」などなど・・・ん~まだ忘れてないな~♪

しばし懐かしさにひたりながら、さわってみる。







Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation