FC2ブログ

記事一覧

BF1942 "硫黄島攻防戦 ~island of hell~"

「バトルフィールド 1942」
たしか、2003-4年頃だったと思う。 現在では当たり前に、PS2・PS3・PSPなどのゲーム専用マシンで「一人称視点シューティングゲーム(FPS:First Person shooter)が出来ちゃうけど、この頃は高性能のグラフィックボードをパソコンに積んでやっとの思いで動かしていた。

このゲームの画期的だったのは、インターネットを通じて最大64人までが同じフィールド、敵味方に分かれて走れ回れることだった。 世界各国の有志が、サーバーを立てそこでプレイしていたんだよね。 どこの国でも言葉は一言だけ・・・「Hi」 後は、走り出すだけ!

「バトルフィールド 1942」を知らない人が見たら、できの悪いアニメーションと勘違いされそうだけど、これは、まぎれもないゲーム中の画面を録画したのもで、ここに出てくる兵隊さんは、それぞれ別な所からプレイヤーが操作しているのだから、「よく作ったね!」としか言いようがない。

知っている人はきっと・・・「にやり!」なはず(笑)



最後の、飛行機の翼に乗っちゃっているのは、合成や動画加工では無く、ゲーム上で実際に出来ちゃう動作。
ゲームプログラムのバグかは不明(笑)

怪我をしたとき「メデッィク!」って叫ぶと、どこからとも無くやってくる衛生兵さんには、何度助けられたことか・・・。
時には、敵味方関係なく介抱している衛生兵もいたね・・・ありがとう、やさしい衛生兵さん。


ゲームの詳細
日本、ドイツ、アメリカ、イギリス、ソ連、イタリア、フランスの7カ国の軍隊が登場。
第二次世界大戦中に実在した43種類以上の兵器に搭乗可能。
19種類以上の武器が使用できる。
史実に残る激戦地22地区を忠実に再現。
キャンペーンとインスタントバトルの2モードを用意s。
マルチプレイでは、コンクエスト、デスマッチ、キャプチャーザフラッグ、コープの4モードを用意。
マルチプレイでは最大64名まで参加可能。

「バトルフィールド 1942」は、第二次世界大戦の戦史に残る22の戦場を広大なプレイフィールドとして再現したファーストパーソンシューティングゲーム。プレイヤーは枢軸軍もしくは連合軍の一兵士として参戦し、軍の勝利を目指すのだ。
 本作の最大の特徴は、陸海空軍に所属する43種類以上の兵器に搭乗可能な点。ゼロ戦やムスタングなどの戦闘機に乗って空中戦を繰り広げたり、M4 シャーマンなどの戦車に搭乗し敵戦車と砲撃戦を繰り広げたり、歩兵となって緊迫した地上戦に参加したり、駆逐艦から艦砲射撃を行なったりと様々な場面を体験できるのだ。また、援護機が敵軍を爆撃したり、増援部隊が落下傘降下したり、空母から潜水艦へ支援を要請したりと、自ら戦場の展開を変えることも可能。さらに最大64名が参加して対戦できるマルチプレイでは、実戦さながらの臨場感と迫力を味わえるぞ。バトルフィールド……本物の戦場がここにある



Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation