FC2ブログ

記事一覧

日本の文化?

世界をみてみると、その国々で独自の文化と呼ばれるものがたくさんある。 

我が日本の文化も「和」の一文字にたとえられるほど、独特のものがあるといえる。

お正月には、神社に参拝に行き、家族そろってお節料理を食べる、鏡餅を飾り・・・等々。
季節や四季折々にそって様々な日本独特の行事がある。 文化を大切にするのも日本人の日本人たるところである。

国技である相撲も日本の文化の象徴と言えるのではないだろうか。
昨年は様々な問題に揺れた相撲会ではあるが、桟敷席で相撲を観戦し白熱した力士の取り組みに歓声をを上げ、時には座布団を宙を舞い上がらせる。

昨年 大相撲九州場所2日目 白鵬の連勝が63でストップした一番。 力と力のぶつかり合いの盛り上がった取り組みでしたが、取り組みが終わった後、なんか物足りない感じがしてました。

「座布団が宙を舞ってなかった!」

九州場所では、宙を舞う座布団が時には危険だということで、4個づつ繋げてしまったのだそうだ。
確かに、危険なものは改善していかなければならないのは、もっともな話である。

しかし、盛り上がった一番には座布団が舞い、場内アナウンスで「座布団を投げないでください・・・」と流れる。
テレビ観戦している人も「ははは・・・」と笑いながら映像を見て、まるで場内に居るような一体感を味わう。 その人もきっと桟敷席に居たなら座布団を宙に舞わせたのではないだろうか。

宙を舞う座布団は、相撲という日本文化の一つだったのではないかと思うと残念で仕方ない。




Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation