FC2ブログ

記事一覧

Windows 7 のディスクのボリュームを変更するには

Windows 7なら、以前のOSでは、なかなか難しかった作業が簡単にできてしまったりする♪

ハードディスクのパーテーションの管理もその一つ。

Windows 7 のディスクの管理ツールには、パーティションとボリュームを管理する使いやすいインターフェイスが用意されています。

ディスクに新しいパーティションを作成できるように、ボリュームを縮小して領域を解放する簡単な方法を紹介します。

win7_disk.jpg


ベーシック ボリューム、シンプル ボリューム、スパン ボリュームを縮小するには、次の手順を実行します。


1.管理者特権で実行しているコマンド プロンプトで「diskmgmt.msc」と入力して、ディスクの管理コンソールを起動します。

2.ディスクの管理コンソールで縮小するボリュームを右クリックして、[ボリュームの縮小] をクリックします。


3.[<ドライブ名> の縮小] ダイアログ ボックスで、縮小する領域のサイズを入力します。

 [<ドライブ名> の縮小] ダイアログ ボックスには、次の情報が表示されています。

 縮小前の合計サイズ (MB): ボリュームの合計サイズ (MB 単位) です。これはフォーマット済みのボリュームのサイズです。

 縮小可能な領域のサイズ (MB): 縮小可能な領域の最大サイズです。この数値は、ボリュームの総空き領域ではなく、削除できる領域を表すものです。 つまり、この領域には、マスター ファイル テーブル、ボリューム スナップショット、ページ ファイル、および一時ファイル用に確保されているデータは含まれていません。

 縮小する領域のサイズ (MB): ボリュームから削除される総領域のサイズです。既定では、初期値はボリュームから削除できる最大の領域のサイズになっています。 ただし、ドライブで最適なパフォーマンスを実現するには、縮小後のボリュームの空き領域を少なくとも 10% は確保する必要があります。

 縮小後の合計サイズ (MB): ボリュームの縮小後の合計サイズ (MB 単位) です。 これは新しくフォーマットされた後のボリュームのサイズです。

4.[縮小] をクリックします。


未割り当ての領域ができたら、その領域を使用して新しいパーティションを作成できます。


ハードディスクが大容量になって、容量不足になることも少ないと思いますが、いざというとき便利な機能が搭載されましたね。


Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation