FC2ブログ

記事一覧

トロンの「ライト・サイクル」販売開始

映画『トロン』の最新作『Tron: Legacy』が12月17日に世界同時公開されるのに合わせて、フロリダにあるバイクショップが、公道を走れる、トロンの『ライトサイクル』(光電子バイク)を10台作成したらしい。流線型のボディは単なるレプリカではなく、実際に走行が可能だ。公開直前の販売開始とあって、映画ファンから注目を集めている。



「トロン」は、全編コンピュータグラフィクスを導入した映画として話題となった1982年公開の作品だ。「レガシー」は28年ぶりの続編で、前作に続いてアメリカと台湾の合作となっている。この映画の象徴といえるのが、前傾姿勢で乗車するバイクのライト・サイクルである。前作でもその存在感を強烈に主張していたのだが、新作ではさらに洗練されたデザインに生まれ変わった。

フロリダに拠点を置く「パーカー・ブラザー・チョッパーズ(Parker Brothers Choppers)」社はこのほど、このライト・サイクルを独自に開発し販売を開始したのだ。本物そっくりのレプリカではなく、スズキ『TLR1000』のVツイン・エンジンを搭載し、グラスファイバーで車体加工がされており、公道を走行することもできるのだ。全長254センチ、幅58センチ。重量は215キロ。メーター表示にiPadを搭載するオプションもあるのだとか。

販売価格は5万5000ドル(約460万円)。 残念ながら、日本での販売は未定である。



しかし気になるのが、巨大なフロントタイヤと、めちゃくちゃ前傾のライディングポジション、右左折がスムーズにできるかどうかですね。
龍神(RYUJIN)を彷彿させますが、実際の走行には向かないかも知れない。

実際の走行映像がありました! ・・・ ん~(-_-;)






Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation