FC2ブログ

記事一覧

近づくほどに遠くなるもの

子供が好きなロボットキャラは、かわいかったり、格好よかったり。

ドラえもん、ガンダム~♪ はたまたC-3POR2-D2など、様々なロボットが想像されてきたけど、どれも本物の人間とはだいぶ違うところが、愛らしくもありカッコいいと感じるところだと思う。

しかし、ロボットの目標となる所はやはり本物の人間なのかな。

人造人間「アンドロイド」・・・より人間らしく。 でも、ちょっとだけ違うところに、とっても違和感を感じるのはなぜだろう。 人間に近づければ近づくほど、あとちょっとのところで、なんか気持ち悪く感じてしまうんだよね。
人型で二足歩行できるASIMOは、人間さながらに駆け足までやってのけるけど、容姿は人間というよりやはりロボット。 見ていて愛らしく思えてきます。



そして、本物に近づいて違和感をおぼえるのはロボットだけじゃない。

気がついたのは、インスタント食品。

愛されて30数年、日本のカップラーメンを代表するキツネうどんが、うどんの麺をより本物近づけるべく変化させた。 

以前は、うどんと銘打ってるけどかなり異なる麺でしたよね。 

今回、確かに麺がおいしくなったと感じるけど、30年来食べてきた味と食感に慣れ親しんでしまった口が違うと訴える。

残念 


どうして?と考えたとき、アンドロイドの違和感が思い浮かんだ。 より本物に近づけようとすればするほど、本物とのほんの少しの違いが大きくなってしまう。 


昔のがよかったのだが・・・。


Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation