fc2ブログ

記事一覧

JKの夏休みは、コレダ!(2)

 
JKの夏休みには、ちょっと面白すぎる コレダ!

DSCF7908.jpg

写真で見ると、けっこうキレイに見えるんだコレがね!

写真で、だまされちゃうんだよね ・・・ ヤフオクの沼


さびて判別しづらい車体番号を読み取ると、

K50-38xxxx なので、

型式 K50-3 発売年は 1979-1996 らしく、たぶん 80年代なのかな。

パーツリストの型式は、K50M

幸い、SUZUKIのパーツリストは、ネットで見られるので、パーツ番号はわかるね。

ブレーキシュー フロント/リア は、共通で、54400-43880

純正の当時のブレーキシューよりは、Vesrah かな。

ん! NTB にも、互換品が有るね A6-BS310 コレにしよ。


タイヤは、無難な IRCから、

フロント NF3 2.25-17

NF3.jpg


リヤ   NR6 2.50-17

NR6.jpg

リアの標準サイズは、2.25-17 なんだけど、

ちょっと太めが、かっこイイでしょ!


もちろん、チューブとリムバンドも忘れずに。

パーツを手配して、届くまでに、切れたチョ-クワイヤーを交換しますか。


で、ですよ ・・・ チョークワイヤーはココ、

クランクケースの上部に、繋がっている。

DSCF7931.jpg

ココが、キャブレター?


2ストなので、リードバルブとか、見たこと無いようなのを想像して、

ゴムの蓋をめくってみると、ちぃっちゃいキャブレターが中に。

DSCF7932.jpg


このゴムの蓋が、アイドルスクリューとくっついていて(とってもイイのかな?)

作業しづらいので、チュークワイヤーを先に、

DSCF7933.jpg


チョッキン!

DSCF7934.jpg


サビサビのクランクケースカバーを明けてみると。

DSCF7935.jpg


見慣れた、キャブレターの形(笑)

DSCF7936_20220728142901d61.jpg


後方は、クラッチ。

DSCF7937.jpg


狭いところに、白魚のような細い指を突っ込んで、

スロットルバルブを取り外してみると、

これまた、普通のピストンバルブとニードル。

DSCF7939.jpg

アイドルスクリューを回すと、

直接、スロットルバルブを上下させる仕組み。


問題のチョークバルブ

DSCF7940.jpg


チョークワイヤー

これは、JK本人が、自分で探し当てたらしい ・・・ もしかして自分でやる気だったのか?

よく見つけたね、レストアの素質があったりして(笑)

DSCF7946.jpg


キャブレターのフューエルホースはカチコチだけど、今回はあえて交換しない。

ただ、ホースバンドも付いてなかったので、これは付けてあげよう。

DSCF7943_20220728144544f43.jpg


スロットルバルブなどを戻して。

DSCF7944.jpg


カバーを取り付けて、エンジン側は終了。

DSCF7945.jpg


ハンドルの所の、チョークレバーに繋いで完了!

DSCF7947.jpg


エンジン始動!

キックを軽く踏むとかかる、始動性はイイのが唯一の救い。


あれ? ニュートラルランプが点かなくなってる?

なにかな~、次々に不具合が出てきたりしたら、

自分も、沼にハマルはめになったりして ・・・ 不安がよぎる。


そう言えば、JKが自分でバッテリー取っ替えたっ言ってたね。

確認してみよう。

サイドカバーを開けてみると、

おっ! ちゃんと YUASA のバッテリーだね。

DSCF7949.jpg


ん!? 端子が変な方向に???

DSCF7929.jpg


え~、ボルトで止まってないじゃん (^_^;)

DSCF7948.jpg

もれなく、(-)側も、ボルトもナットも無いし。

ボルトもナットも無いとは (-_-;)

ココは、固定しなきゃいけないのですよ。


手持ちの、ボルトもナットをさがして付けとく。


変なシールを剥がした後が?

DSCF7950.jpg


これは、再生品? それとも、大陸での販売用?

DSCF7951.jpg


まぁ、キックだし、2サイクルでもあるので、

エンジンが掛かれば問題ないでしょう (^_^;)




がんばれ、夏休みの宿題 ・・・ 間に合うかな。

後は、パーツ待ちだな。





Twitter_K2_カエル君s
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation