FC2ブログ

記事一覧

悪意のあるソフトウェアの削除ツール (KB890830)

Microsoft® Windows® 悪意のあるソフトウェアの削除ツール (KB890830)


概要
Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールを使用すると、Windows Vista、Windows XP、Windows 2000、および Windows Server 2003 コンピュータが Blaster、Sasser、Mydoom などの特定の悪意のあるソフトウェアに感染していないかどうかをチェックし、感染している場合は削除することができます。 検出と削除の処理が完了し、何らかの悪意のあるソフトウェアが検出され削除された場合は、その結果を説明するレポートが表示されます。 %WINDIR%\debug フォルダに mrt.log という名前のログ ファイルが作成されます。

悪意のあるソフトウェア削除ツールの x64 バージョンをダウンロードするには、 こちらをクリックしてください。

このツールは、ウイルス対策ソフトウェア製品に代わるソフトウェアではありません。 コンピュータを保護するには、ウイルス対策ソフトウェア製品を使用する必要があります。

マイクロソフトは、毎月第 2 火曜日に、このツールの更新バージョンをリリースする予定です。 新しいバージョンは、この Web ページ、Windows Update、Microsoft.com の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」ページから入手できます。

最新バージョンがリリースされたらすぐに、自動的に受信してインストールするには、自動更新機能を [自動] に設定しておきます。 Windows Update によって配布されるこのツールのバージョンは、毎月 1 回、コンピュータ上でバックグラウンドで実行されます。 感染が検出された場合には、次にコンピュータを起動したときにステータス レポートが表示されます。 このツールを毎月 1 回以上実行する場合は、この Web ページから入手できるバージョンを実行するか、Web サイトの「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」ページのバージョンを使用します。

このツールの現在のバージョンで削除できる悪意のあるソフトウェアの一覧と、使用方法の説明については、KB890830 を参照してください。 また、感染が検出されるかまたはエラーが発生した場合には、このツールによって匿名の情報がマイクロソフトに通知されるのでご注意ください。 上記のサポート技術情報には、この機能を無効にする方法と、マイクロソフトに送信される情報の具体的な内容についても記載されています。

このツールを企業環境に展開する前に、KB891716 の内容を確認することを強くお勧めします。

このツールを実行するには、管理者の権限が必要です。 このツールは、Windows 98、Windows Me、または Windows NT 4.0 では実行できません。


Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation