FC2ブログ

記事一覧

タイカブ -54 - 増槽計画(3)

 計画は着々と ・・・ じゃなくて、しばらくほったらかしだった (^_^;)増槽タンクを取り付けるステーはどうする。やっぱり、サイドパニアの取り付けステーみたいに、丸いパイプで作りたいね。材料探し。カブなので、あんまりゴッつい太さじゃないほうがイイよな~。なかなか、イイ~太さの丸パイプな無いんだよな~。・・・ で、またまた、しばらくほったらかし。ある日、なんか、ちょうどイイ太さのパイプ製品が!なんかの台かな...

続きを読む

タイカブ -53 - 増槽計画(2)

 1L とかの緊急用じゃなくて、もう少し大きくて、パニアにスマートに収まる、携行缶を探していたときに見つけた。余裕の 5L 、イイ感じの形。でも、フタがダメダメなんだよな~。減圧弁も無いし ・・・。携行缶として使用するのはダメだけど、もしかして、コレにバイクのタンクの給油口をくっつけたら!?減圧弁付きのフタが使えるかも。どうなる?できる?だめ?やってみる?「迷ったら、愉しそうな道を選べ」給油口が付けられた...

続きを読む

タイカブ -52 - 増槽計画(1)

 あれやこれや、思いの丈をつぎ込んできた、「タイカブ」。調子も上々。もう、いいんじゃない?・・・ いや、まだまだ、あれが残ってた。そうなんだよ、タイカブの最大の弱点。燃料タンクの容量が、3.4 リットルしかない。ツーリングのお供はいつも、ガソリン携行缶。ずっと、暖めていた 「増槽計画」--- 増槽(ぞうそう)とは、兵器外部に取り付けられる追加の燃料タンクのこと。 内蔵燃料では不十分な、長期・長距離作戦を...

続きを読む

タイカブ -51 - タイヤ交換(リヤ)

 だいぶ減ってきたな~と思っていたリヤタイヤ。先日のツーリングで、気がつけば ・・・ やばい!フロントは、まだ半分ぐらい(たぶん)残っているので、リヤのみ、タイヤを手配。はき始めからの走行距離は、おおよそ 5,000km、たぶん、フロントは次回 10,000km で交換になるのかな。めちゃめちゃ減るのが早い感じがして、心配してたけど、初号機(カブカスタム)にはいている、「IRC TRIALS」と同じぐらい。パワーマシンじゃ無い...

続きを読む

タイカブ -50 - スピードメーター(トラブル)

 先日、走行中に気づくと、スピードメーターの針が振れていない。サイクルコンピュータで、スピードも表示されるので、大丈夫なんだけど、やっぱり、大きなメーターは見やすいよね。ハンドル周りのカバーを、取り外さなければならないので、少々めんどくさいけど、さっそく調べてみる。この前、取り付けたUSB電源のギボシを外して。スクリーンを固定してるボルトを抜いて。スクリーンがステーとミラーごと脱着。意外と楽ちん。一...

続きを読む

タイカブ -49 - USB充電ポート

 仕事やツーリングの出番が多くなったタイカブ(カブ100EX)、Google先生をお供に、さまよっていると、やっぱりスマホのバッテリーが気になる。いずれ必要になるかな~と思って、組み立ての時に、電源端子だけは出しておいた。これに、つないじゃえば完了なんだけど。シンプルに、USBポート1個で。省電力設計らしい。ちょっと、ものものしい感じもするが、急な雨でも安心らしい、頑丈なキャップを装備。ゴムのキャップ式でもイイ...

続きを読む

タイカブ -48 - オイル交換

 峠の登りを軽快に、エンジンは、すこぶる調子イイ~快適。油温が上がってきたのか、ギヤのタッチがちょっとだけ固く感じて。オイル交換の交換時期かな?前回のオイル交換から、2,000km弱だけど、このイイ~コンディションが、ずっと続いて欲しいので、早めに。エンジンが暖かいうちに、サクッとやっときますか!いつもの、ペットボトル。だらだら~と放置。まぁまぁ、汚れていたね。イイ、タイミングだったかも。オイルは、いつ...

続きを読む

タイカブ -47 - おかいもの

 YD-MJN(24) が降臨した初号機。過去記事:シーズン3-キャブレター「YD-MJN編」④まさかの「昇天」 _| ̄|○分解~原因究明までは行ったものの、いろいろ多忙な時期とかさなり ・・・ 放置 (^_^;) スマソと、いうわけで、タイカブがメインの生活。こちらは、調子は上々!※「TEAM DELTA」への問い合わせをいただいておりますが、 現在、入隊を受け付けておりませんので、あしからず (^_^;)ぶらぶらさすらったり、仕事にも。もちろ...

続きを読む

タイカブ -46 - 再始動(はじまり)

 早い、春の到来。過去記事 「タイカブ -45 - 復活の兆し」 で、いったん治ったんだけど、なんとな~く、以前のパワーが戻ってない感じ?キックで始動するけど、セルでの始動は出来なかったり (^_^;)やっぱり、大陸製ピックアップコイルなので・・・かな?と、言うことで、ひと冬かけて探しておいた。・・・ふふふ、純正ピックアップコイル!さっそく、チェンジ!みんな大好き、半田付け(?)ギボシコネクタがいっぱい。機...

続きを読む

タイカブ -45 - 復活の兆し

 ジェネレータ周りをチェックするための規定値を、「Hondaお客様相談センター」 から教えてもらって、なんとか調べた結果、「パルスジェネレーター(ピックアップコイル)」が怪しいと言うことになったんだけど、ジェネレータ周りは、3種類のコイルが、ブラケットと一体となってのパーツ供給。それが、もう入手不可能。・・・ おわった、と思ったけど、終われない。パルスジェネレーターだけでも入手できればと思ったけど、わか...

続きを読む

タイカブ -44 - 逝く(3/3)

プラグからはじまって、IGコイルも CDIも、異常なし ・・・ たぶんね?どんどん辿っていって、んじゃ~、クランクケースの中、ジェネレータですか?ジェネレータコイルは、バッテリー充電などへの発電用で、カブは、プラグ点火の電気は、「エキサイタコイル(点火コイル)」 という、もう一つのコイルで、一回、一回、電気を作ってCDIに送っている。黄色で囲んだのが、エキサイタコイルです。なんか見た目、表面がプツプツして怪...

続きを読む

タイカブ -43 - 逝く(2/3)

 キャブレターの異常は無い ・・・ たぶんとするとエンジン本体?ピストンとかだったら、アイドリングもダメだと思うし、完全にバラさなければ確認できないし、修理もできないので最後だよな・・・。※以前の組み上げ時の写真です。ヘッド周りの点検。バルブクリアランスと、カムの動きには特に異常がなさそうだ。異音もないし、アイドリングが安定しているもんな~。※以前の組み上げ時の写真です。ということは、メカニカル的な問...

続きを読む

タイカブ -42 - 逝く(1/3)

 数週間前の記事でも、ちらっと書いてましたが、突然、タイカブのエンジンが不調になりました。突然と言いましたが、思い返せば、あれが予兆だったか!?それは、さらに数週間前にさかのぼったある日、100 kmちょいくらいのツーリングの帰り道、ちょっとした渋滞にまきこまれ、だらだら走っていたときのことだった。なんか急に、エンジンのレスポンスがもっさりしてきて変だなと思ったんだけど、40~50 km/h ぐらいでなんとか走れ...

続きを読む

タイカブ -41 - 事件です(3)

 なんか、とほほ な事件が続きます ・・・ けっして、ネタではありません。リヤショックなどいじっていたとき、ふと、ナンバープレートを触ったら ・・・ ぶらぶら~(^_^;) ?「リヤフェンダーはどうなってるの?」と、質問をいただいてたりなので、ここで、リヤ周りを公開! (そんな大げさなモノではないけど、はずかしくてお見せできなかった)シート下から、テールライトにかけて、樹脂のカバーで覆われて、さらに、びろ~...

続きを読む

タイカブ -40 - 事件です(2)

 とほほ ・・・ な事件が続きます ・・・ けっしてネタではありません。ライダーの「魂をゆさぶる」 ネーミング 「バトラックス」カブには、有り余る性能で、グイグイいけるね。調子にのってタイトなコーナーを攻めて(嘘)いたら、 ステップが ~!純正のゴムステップだと、引っかかりそうで怖いけど、白いステップラバーは、プラスチック感が強く、少し固いので、イイ感じにスライドしてくれる。 ※ 話を、かなり盛ってます(...

続きを読む

タイカブ -39 - 事件です(1)

 昨年に施した、色々な装備を試しつつ、あたたかな春の風を満喫。 ・・・ の、はずだったが、事件です。めちゃめちゃ、ご機嫌なスクリーン(ウインドシールド) ※完成時のようす。かっこee~(自画自賛)実用性も満足で、しっかり風を防いでくれる。ハンドルのブレも、ほとんど気にならなく快適そのもの。別なバイクにも、取り付けたくなってしまうなぁ~。なんて、思いながら、快適にクルージングをしていると。ん、?バック...

続きを読む

タイカブ -38 - 春は来ぬ~♪

 まだまだ寒い2月 ・・・ 冬眠中なんだか、目が覚めてしまったので、春の準備を少しだけ。まずは、材料集めから。材料1材料2材料3これに、ここんところをこうくっつけて、そんでもって、ここんところをこうくっつけて、イメージを膨らませる。うまくできるんだろうか心配なところが、愉しい。時間はあるので、ゆっくり細かい所を考えて埋めていく。もう一つのアイテムは ・・・ California で彷徨っているみたい。雪が融け...

続きを読む

タイカブ -37 - ウインドシールド

雪の降り始めが、思いのほか早くて、急な、シーズンオフ突入。盛り上がってた気持ちが冷めやらず。来シーズンには、燃料タンクの増設をして、ぐぅ~ん!と航続距離が延ばして、ツアラー・カブで遠くへ行きたいな~。 (やる気満々)小さいバイクに、ウインドシールドを付けると、空気抵抗が心配であきらめていたんだけど、パワーは十分なので、これも何とかしたい。しか~し、やっぱり、「タイカブ用」なんて、探しても無いし、ス...

続きを読む

タイカブ -36 - シーズンオフに向けて

つきあい始めて、1年ちょっと、ゆっくり、のんびり、ぶらぶら旅しながら、ようやく形になったタイカブ。気がつけば、もう、シーズンオフ間近で、黄落の中を、あせって走り回るのが精一杯。快適に走れているから、忘れてしまっているけど、キャブレター(YOSHIMURA YD-MJNΦ28)の燃調も、まったくしてないし。調子が良すぎるから、「燃調いらないのかな?」 なんて思ったりするけど ・・・ そんなわけ無いでしょ (´д`)燃料タンク...

続きを読む

タイカブ -35 - トリップメーター

 慣らしも順調に進み、走る距離を延ばして行くと、気になるのが、 ・・・ 燃料タンク。タイカブの燃料タンクは、3.4 L しかない。なんで、こんなに小っちゃいのかな~(-_-;)カブの燃料タンクは、ずっと 4.0 L だったのに、ここに来て、まさかの 3.4 L。「カブシリーズの最上級モデル(過去の栄光)」として、なぜにタンクの容量を捨てた?正味 3 L が使えるとして、燃費が 40 ~ 50 km/L とすると、航続距離が、120 ~ 150 km し...

続きを読む

タイカブ -34 - 発進!!

 とりあえず無事に、エンジン始動して、準備完了。走ってみたくて、ウズウズ、ワクワク。1速で、そろり、走り出してみる。早めに、2速へシフトアップ。なかなか、力強いかんじ。2速から、3速、3速から、4速へ、早めにシフトアップして、速度は、30km/h ぐらいで、とろとろ~。前の減速比の計算では、3,000 rpm = 35.6 km/h だったので、おおよそ 3,000 rpm 以下で慣らし運転。ただ、にやにや、だら~っと走っていたので、しばら...

続きを読む

タイカブ -33 - エンジン始動

 燃料タンクはキレイになったし。 (今度こそ、「花咲かじじい」で完璧!)さて、気を取り直して、エンジンスタート。プラグを取り外した状態で、ゆっくりクランキングしてみて、大丈夫みたい。オイルを循環させるために、20回程度クランキング。プラグを取り付けて、キックをゆっくり。デコンプが効いているので、思ったより軽い。もう一度、キックを踏み下ろすと、エンジン始動~(・∀・)ニヤニヤタイカブマフラーの太い排気音を...

続きを読む

タイカブ -32 - フューエルセンサー

 いよいよ、エンジン始動!わくわくしながら、燃料タンクにガソリンを注いでみたら、燃料ゲージが動かない?キーを回して見ても、ピクリともしない。あれ~、なんで~?はやる気持ちを落ち着かせて確認する。ケーブルコネクタは、大丈夫だし。燃料計か、燃料センサーだよな~。「燃料計がダメだったら、せっかくのメーターがオジャンだな」「センサーだとしたら、交換用の部品が入手できれば何とかなるかな~」「とりあえず落ち着...

続きを読む

タイカブ -31 - キャブレター

 もう、早くエンジンをかけてみたいんだけど、まだまだ、問題が山積み。キャブレターも決めなくちゃ~。PC、VM ・・・ PE24 にでもと思っていたんだけど、横型エンジンに特化したキャブレターが有るらしく、気になっていた。ものすごくクオリティの高い造りの、角度(首振り)調整できるインマニと、スペーサー。これを、準備している段階で、気持ちは、「ムラムラ~」 なんだけど。そこまで必要? ・・・ 正直、かなり悩んだ。...

続きを読む

タイカブ -30 - ステップ加工~エンジン装着

 エンジンをフレームにのせる前に、もう一仕事。もともと、付いていたステップが少し曲がっていて、なんか変だな~と思って、よく見てみると、折れたのを溶接してるね。ステップが折れるほどの、転けかたしたのかな?新しいステップに交換と思ったら、やっぱり、もう純正部品がないらしい。それならいっそ、ステップに付いているサイドスタンドもいらなくなったので、どうにかしたい。どうしたものかと思案していたら、町で見かけ...

続きを読む

タイカブ -29 - 腰上組み立て

 シリンダー部の組み付け。ピストンリングを、ピストンに組み付け、オイルぬりぬり。コンロッドにピストンを取り付けて、お約束のサークリップが、び~ん!カムチェーンにガイドローラーを通しながら、シリンダーを入れ込む。SP武川  Sステージ SCUT放熱性に優れたオールアルミ製セラミックメッキシリンダーオイルはたっぷり。歪んでいたスタットボルトは、新しいのに交換。オリフィスの部分。シリンダーの横のねじ穴には、温度...

続きを読む

タイカブ -28 - クラッチ~ジェネレーターの組み立て

オイルポンプの取り付け。タイカブ(100EX)は、もともと容量の多いオイルポンプらしいけど、今後の予定を考えて、もう少しUPしておく。ローター厚 9.80 mmタイカブ(100EX)のローターを厚、実測してみたら 8.80 mm だった。1.00 mm プラスなんだけど、気分的に上々で。取り付けネジの頭を薄くして、厚さを稼いでいる。(左)ノーマル  (右)スーパーオイルポンプぐりぐり棒付き。オルフィスの拡大はどうしようか迷ったけど...

続きを読む

タイカブ -27 - エンジン(ミッション~ブローバイ加工~組み立て)

 御開帳した、クランクケース内は、予想通り、真っ黒 (´∀`;)おそうじ大好き! ・・・ (嘘) ・゚・(つД`)・゚・ターゲット(1)は、これ!「シフトドラムロックプレート」カブのシフトパターンは、シフトペダルを踏みこんで、N-1-2-3-4  とシフトアップしていく。 ※ 4速の場合で、4速から、さらに踏み込むと、N(ニュートラル)に戻る。その名の通り、ぐるぐる 「ロータリー・シフト」と呼ばれている。ただ、走行中には、ト...

続きを読む

タイカブ -26 - エンジン(クランクケース分解)

 フライホイールの取り外し。出会ってから、早いもので、もう1年が過ぎ、ゆっくり、のんびりもいいけど、このペースだと、今シーズンも終わってしまうような気がしてきました。最初は、乗り気ではなかったものの、お付き合いを続けるうちに、愛情が湧いてきて (^_^;)ちょっと積極的にアタック!   インパクトで、れでぃ~ガガ。フライホイールプーラーも、れでぃ~ガガ。スタータードライブスプロケットの、サークプリップを...

続きを読む

タイカブ -25 - エンジン(クラッチ側分解)

 いよいよ、楽しみな~腰下へ!・・・ の前に!デロデロ、ベタベタ、カピカピで真っ黒な、クランクケースをキレイにしなければ。「頑固な油汚れに泡の・・・」的な、スプレィーを、ブシュ~ & ゴシゴシ。なかなか取れない(大汗)腰上分解の前に、高圧洗浄機でやっつけてしまえば良かったかな~。なんて、ぶつぶつ言いながら、ブラシ片手に格闘すること数時間。「 終わらない仕事はないんだよ 」じゃん!!     く た く た...

続きを読む

検索フォーム

Page Navigation